北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

来年4月から「ネクスト・メイン・プレミア」となります。

2021.07.22 (木)

 

IPO(株式上場)とM&Aに
たずさわる業界関係者と
起業家が集まって毎月1回
名古屋で開催されている勉強会。

今回は名古屋証券取引所
(以下、名証)の方をお迎えして

来年4月に実施される
市場再編についての解説を聞きました。

細かい内容は下記
名証の公表資料を
ご覧いただければと思いますが
https://bit.ly/3xWPsq5

名証一部→プレミア

名証二部→メイン

セントレックス→ネクスト

といった名称の変更が行われるほか

おなじく来年4月に
東京証券取引所(以下、東証)が実施する
市場再編との違いについて
詳しく教えてもらいました。

一番のポイントは
流通株式時価総額についての定め。

結論から書くと
東証は流通株式時価総額の定めがあり
来年4月からはその基準が一層厳しくなる。

いっぽう名証は
流通株式時価総額の基準は「なし」。

誤解や批判をおそれずに言っちゃえば
市場再編において

東証は上場維持基準を
一層厳しくするが

名証は上場維持基準を
一部をのぞき現状維持とする。

業界関係者のなかには
名証を揶揄する人もいます。

上場維持基準を東証にくらべて
緩くすることで上場企業を
名証に呼び込みたいんじゃね?なんて。

私も業界関係者なので
意見を言わせてもらいますとね

証券取引所それぞれに
特徴や差があってあたりまえ
みんながみんな東証に右へならえ!

なんてやる必要は一切なし。

むしろ今のままだと
東証と一体なにが違うの?

そんなに違いがないんなら
なんとなく東証の方がよくね?

てな感じで地場企業すら
どんどん東証に流れていくだけ。

東証よりも名証の方が
上場維持基準が企業に優しいよ!

これは立派な
差別化であり独自性であり
ポリシーの違いとして

もっともっと全国の
上場を目指す企業にPRしてほしい!

そんな願いをこめて
本日のネタにさせてもらいました(^.^)

=======================
【みんなの銀行】口座開設で1,000円プレゼント!
※スマホからしかダウンロードできません※

以下のリンクからアプリをダウンロードし
口座開設時に紹介コードを入力してください
ダウンロード:https://www.minna-no-ginko.com/open-account/
紹介コード:JvqRKYmq
=======================

スポンサードリンク
 «   2021年 12月     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031