北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

訛りがあっても、堂々と進もう。

2019.12.28 (土)

 

今週の木曜日に期せずして

錆びついていた英語を使う機会がありました(汗)。

そんな四方山話を休憩中に、お客さんとしておりましたら

お相手のNさんが10年以上前、アジアの某国に赴任されていて

英語力ゼロの状態からでも、まあ、何とかなったんですよ。

なんて話になって、一冊の本を紹介してくださいました。

国連に勤務されていた明石康さんが

英語で苦労したヒトの体験談を集めた

「英語のバカヤロー!」という本。


英語のバカヤロー! 「英語の壁」に挑んだ12人の日本人【電子書籍】[ 古屋 裕子 ]

Nさん曰く、以下の言葉を読んで

心の壁を乗り越えて、話せるようになったと。

明石さんが本で断言されている

「訛りのない英語には魅力がない」という言葉。

非英語圏、英語以外を母国語とする人達は

国連のような国際的な舞台でも臆せず、

お国訛りのある英語で喋っているが

殆ど理解できるし、意思疎通が出来たんだそうです。

「日本人は完璧主義というか
 メンツを重んじるせいか、自分の訛りを気にしすぎる。」

「勝負は内容。自分なりの英語でやると腹を括ることが大事」

だと。

いやあ、勇気を貰いました(笑)。

で、思ったのがコレって英語に限った話じゃないなと。

例えばPCやスマホのOSやアプリなど、

リリース(発売)された段階では完全無欠なモノは殆どなくて

バグとかを後追いでアップデートしていく。

 

でもその後の結果を見れば、そんな彼ら(企業)が

市場のシェアを席巻していることは、

皆さんも良くご存じだと思います。

不真面目に、いい加減には論外ですが

「行き過ぎた完璧主義」は進歩のブレーキになりますね

訛りや多少のバグで躊躇せずに

ビジネスも何事も先ずは一歩、踏み出していきたいですね。

マインドチェンジが容易でないことは

私自身も毎日痛感し、悶絶しておりますので

書いて自分に、言い聞かせております(爆)。