北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

消費税の増税を受けて導入された「キャッシュレス還元」。

札幌でも今まで現金オンリーだった個人店さんでも

導入してるお店が増えています。

という訳で今回、昼飯と晩飯の両方で、実際に使ってみました。

昼飯は個人経営の定食屋さんで、

晩飯は某チェーン店さんでしたが

偶然なのか?運が悪いのか?両方で同じ問題が起きたのでした。

何かというと、支払い(決済)に

やたらめったら時間がかかったこと(T_T)

因みに昼飯の時の会計は、お店のオーナである壮年の男性で

晩飯の時の会計はバイトの若い女性。

両者ともに操作に戸惑っていたわけですから

新しいものに戸惑うコトは、年齢や性別は関係ないんだなと。

てな感想は置いといて、これ、些細なことかもしれませんが

お店としては早めに、改善の手を打った方が良いんじゃない?

ってお節介がアタマを渦巻いたのでした。

「キャッシュレス導入されてる!便利でお得!使ってみよう!」

って、期待値が高まったお客さん

「会計終わるのが遅いなあ。イライラする。。。」となると

期待値が高まった分

感じるストレスのマイナス幅が大きくなる・・・・・

私は幸い、後ろに会計待ちのお客さんがいなかったので

ヒトさまに迷惑かけずに済みましたが、

私の前でお支払されてる方が、妙に私に「スミマセン」的な

視線をチラチラと送ってきて、私も申し訳ない気持ちになって

モチロン「急ぎませんからごゆっくり」と申し上げました。

事実急いでませんでしたし(笑)。

お客さんの為に&商売が良くなるためにとの想いで

折角、お店はそれなりにオカネをかけて

キャッシュレスのシステムを導入したのに

それが却って仇になっちゃ、意味ないですよね。

何事も新しいモノやコトには誰しも戸惑うし、

私だってそう。

が、一日も早く習熟して使いこなさないと、

宝の持ち腐れで済まずに

お客さん離れまで起こしかねない。

システム屋さんも売るだけじゃなく

使い方のトレーニングまですれば

良い差別化になるんじゃないかなあ

なんて更にお節介を思ったのでした(爆)。