その他
etc

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【2月23日(土)】

<ダイジェスト>

終日、札幌市内。

時折、粉雪がちらついたものの
総じて晴れた、札幌の土曜日でした。

 

 

 

<時々刻々の記>

10時半よりお客さまオフィスにて
2時間ほど打ち合わせや事務仕事を。

 

終えて一旦帰宅して
今度は2時間ばかり自分のタスクを。

 

15時、至近の歯医者で

定期メンテをしてもらってから
事務所に出社して

1時間で終える予定がオーバーして
いつものストレッチ整体に遅刻(汗)。

M先生、ホント、スミマセンでした。

 

ストレッチ終了後も
電話とメールの処理が続き
22時前にようやっと終了。。。

 

いつもより遅めの
サウナでリラックスタイムとなった(笑)

札幌での土曜日でした。

 

 

 

________________________

■<2>ナカナカ両立しない「トップ」と「ボトム」。
________________________

北海道でも4月の知事選を前に
新聞記事その他で
リーダーに望まれる資質は何だ?

 

みたいな論説や意見が
イロイロと飛び交っており
興味深く拝読させて貰っています。

 

ザックリ大別すると

 

「ボトムアップ型」

 

「トップダウン型」

 

みたいな。

 

よく、中小ベンチャー企業の世界で
特にIPO(株式上場)を
目指す過程において

 

最初は「ヒトモノカネ」の問題もあり
トップダウン型が殆どですが

 

会社が成長していくにつれて
トップダウン型ばかりじゃ、ダメよ。

 

的な、指摘や議論が生じまして
徐々に組織体制を整備して
ボトムアップ型も導入しないと

 

なんて過程を辿ることがあります。

 

要は、置かれた状況や体制で
必要とされるべきリーダー像や
資質も変わっていくんですと。

 

はい、「異議なし」です!

 

が、そうは問屋が卸さないのが
世の常というか・・・・・

 

ホントは、ステージに応じて
 トップリーダーの方々が

 

「トップダウン」と

 

「ボトムアップ」を

 

デュアルに使いこなして頂くのが
 イチバン良いのですが

 

誰しも得手不得手があり
 そう簡単に上手くいかない。

 

で、一番ヤバいのが

 

「トップダウン」で果敢に
スピーディーに
行かなきゃならん場面で

 

「ボトムアップ」を貫いて
時間を費消して

 

気づいたら
終わってた状態になるコト。

 

「時すでに遅し」ってヤツです。

 

大は小を兼ねるという
諺がありますけども
中小ベンチャーの世界では

 

残念ながら、かなり高い確率で

「大は小を兼ねる」ことが「出来ない」。

 

このミスマッチの不幸
無論、何とかするのが
私の仕事の一つですが

 

ボードメンバー候補や
跡継ぎ候補を選ぶときに
是非、気を付けて頂きたいところ。

 

「ネームバリュー」や

 

「キャリア」だけでなく

 

「思考のクセ」と

 

「行動様式」も

 

よーく、観察して下さいね。

____________________