ご縁ゴト
goengoto

適切に、対面で「すり合わせ」を。

2017.09.16 (土)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

 

 

【9月16日(土)】

 

 

終日、好天な札幌での一日。

 

明日からの不在に備え
家事やら買物やら諸準備?を。

 

 

夕方から一時間ほど
事務所でお仕事して

休日出勤されていた
パートナー企業K社さまの
S会長と少しだけお話しを。

 

 

月末にお時間を拝受したい旨の
お願いを申し上げて

私は大通公園で開催中の
オータムフェストを
チラ見して(笑)

2週間ぶりのストレッチ整体で
身体のメンテナンスを80分。

 

 

メンテ終了後、待ち合わせ場所の
モンティーパイソンで
IT関係をお任せしている

K社長と1時間半ほど
新規事業のミーティング。

 

 

終了後は、直ぐに
その場で事業のアイデアを
つまみに?会食(笑)。

 

白取オーナー
いつも有難うございます!

 

 

K社長、長時間そして遅くまで
有難うございました!

 

 

今日も皆さまのご厚情と
ご縁に助けられた
札幌での週末の土曜日でした。

 

 

_______________________

■<2> 適切に、対面で「すり合わせ」を。
_______________________

 

 

普段からメールその他で
必要な連絡や情報共有は
していますが

 

 

やっぱり対面して
話すことが重要だなと

いつもながらに改めて
強く思った一日でした。

 

 

スタッフや仲間のサポートで
メモやアジェンダを用意し

議論したい内容を
用意して臨むわけですが

会話するとあらかじめ決めていた
議題や想定事項以外の

問題点やアイデアが
出てくるわけです。

 

 

裾野ばかりを広げて
結果、まとまらずは
論外であるのはモチロンですが

「メール送ったから」だけでは
ある意味、一方通行かなと、、、

今更ながら思うわけです。

 

 

同じ文書や映像、画像を見ても
受け止め方や理解の仕方
ヒトそれぞれな訳です。

 

 

この「すり合わせ」を適切に行い
「目標」を齟齬なく共有し
後は「実行」あるのみと。

 

 

ビジネスはもとより
人間関係のキホンの「キ」。

 

 

「時間」や「効率」を隠れ蓑にせず
ちゃんと続けようと
改めて思うのでした。

 

 

____________________

「見える化」していた「計画」と「実績」に救われる。

2017.09.15 (金)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

 

 

【9月15日(金)】

 

 

終日、札幌市内の一日。

 

 

朝から何とかアラートで始まり
結果、波乱万丈な展開に。

 

 

午前中は顧問先で
決算取締役会を無事に終え
ほっと一息ついたタイミングで

東京在住の弟より
父親が緊急オペとの至急報が入り

顧問先のご厚意に甘え(大感謝)
一旦、自宅に戻って

いつでも東京に移動できるよう
急いで荷作りを。

 

 

刻々とラインで入る状況を見ながら
直近の予定を変更するために
各所へ連絡を入れて調整を。

 

 

快く応じてくださった皆々さま
本当にありがとうございました!

そして
申し訳ございませんでした、、、

 

2時間弱でオペは終了し
ICUに入ったとの
連絡を受けたことで

多少冷静さ?を取り戻し
各所と相談の上

現時点では17日の日曜日に
東京へ戻る段取りとし
自宅から事務所へ移動。

 

事務所では
タスクをミニマムに絞り
あとは向こう1か月程度の

スケジュールの組み直しと
各所との連絡調整

場所に依存しないよう
仕事ができる段取りと
新事業を含めた計画のリバイス。

 

 

ミニマムにしたはずなのに
気づいたら23時、、、

 

 

腹も減ったので(笑)
いつもの店で残務とご飯。

日曜に相談予定だった案件の
さわりをお話しして
長い一日が終わりました。

 

 

____________________________

■<2>「見える化」していた「計画」と「実績」に救われる。
____________________________

 

 

人生も
(大袈裟かな。スミマセン。)

毎日も
ある意味想定外で

アタリマエですが
自分で
コントロールできないことが

殆どですから、、、

 

 

と同時に
改めて己の器の小ささを
思い知りました(反省)。

 

 

檻の中の熊?の如きに
気づけは悶々とウロウロ、、、

今振り返るとそうなんです。

 

 

なのでタスクは未消化が
積み上がったわけですが(汗)。

 

 

でもこんな振り返りが出来たのは
時々刻々の記録と

稚拙で恥ずかしく
お見せできませんが(笑)

「見える化」
していたからなのかなと。

 

 

皆さまも様々なツール等で
予定管理をされていると
存じますので

特別なことではないですね。

 

 

私も長年、あれこれと悩みながら
我流での管理を行ってきましたが

思うところあり
テンプレートを含めて

8月から
ご指導を頂き改善の最中です。

 

 

これが今回
非常に役に立ちました。

 

 

「ゴール」を設定し
それに基づいて

「年間」「月間」「週間」
の計画を一冊にまとめ

「日報」に落とし込んでいたお蔭で
お客さまや外部の方々に

取り返しのつかない
ご迷惑を
おかけせずに済みました。

 

 

やり方は、ヒトそれぞれですが
「計画」と「実績」の
「見える化」。

 

やってて良かったと
予期せぬ事案に遭遇し
強く思ったのでありました。

 

 

____________________

学ぶべきは「正しく伝える」手段。

2017.09.14 (木)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

 

 

【9月14日(木)】

 

 

久々の終日、札幌の一日。
建物内の暖かさと
朝晩の外気温ギャップを

ひしひしと感じる
季節になりました、、、

 

 

午前は顧問先の経営陣と
資本政策に関する打ち合わせを
顧問先のオフィスで実施。

 

昼前に一旦事務所に戻り
1時間半ほどデスクワーク。

 

 

午後からは
某団体さま主催の講習会に

いつもお世話になっている
皆さまとご一緒に参加。

 

 

講習会は夕方に終了し
次の予定もご一緒する
皆さまと暫し休憩?して

次の会場にご一緒に移動。

 

 

18時よりスモールサンゼミ札幌
第4期がスタート。

 

ミッチリ2時間半
非言語コミュニケーションの
お勉強を。

 

 

終了後は懇親会からの


お約束?の二次会。

 

 

こうして
長い一日が終わりました(笑)。

 

 

_______________________

■<2>学ぶべきは「正しく伝える」手段。
_______________________

 

 

久しぶりの札幌の一日は
午前はアウトプット

午後はインプットと
狙った訳ではありませんが(笑)
くっきりと分かれました。

 

 

午後のインプットの前半は
「事業収支計画」「投資回収計画」
の策定方法について。

 

 

後半は
「非言語コミュニケーション」
について。

 

 

とまあ、一見すると
全くといっていいほど
異なるテーマでした。

 

 

が、今、振り返りますとね
私の中では両者に共通点を
見出したわけです。

 

 

それは、自分や自社の思いを
「正しく伝える」ための
手段であるということ。

 

 

この「正しく伝える」手段を
持ち合わせていない
どうにも上手くいかない

というご相談をお受けして
仕事ではいくつも
対応させていただきました。
(今も継続中ですが。)

 

私の数多くの欠点の一つである
「初対面の自分」を
誤解されるについては
いまだ研鑽中ですが(笑)。

 

 

私の反省話はさておき
折角の良い商品やサービス
そこに至るまでの
「ものがたり」。

 

 

これがお客さまや外部の方に
伝わらないことが意外に多い。

 

 

自社はもとよりお客さまのお手伝いを
加速して実りあるものにすべく

「研鑽」と「実行」を
継続するのみであります。

 

 

____________________

「ヒト」と「言葉」によって「自縄自縛」が解き放たれる。

2017.09.13 (水)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

 

 

【9月13日(水)】

 

 

昼間は東京でお仕事して
夜の飛行機で10日ぶりに札幌へ。

 

 

6日連続した
順天堂医院への立ち寄りも
本日で一旦、小休止。

 

 

東京実家から母を医院まで送迎し
私が目指すは品川。

 

13時より2週間ちょい振りに
I先生と90分1本勝負の?
ミーティング。

 

 

新規事業の進捗報告と
今後についてのご相談。

 

 

I先生
いつも有難うございます!

引き続き
宜しくお願い申し上げます!

 

 

勇気と元気を貰い
興奮冷めやらぬまま
東京事務所に戻り

弊社メンバーと
新規事業のミーティング。

 

 

17時過ぎに再度
順天堂医院へ立ち寄り
父を20分ほど見舞って

「早く行け」と背中を押されて
羽田空港へ移動し
19時30分発の飛行機で
一路、新千歳空港へ。

 

22時過ぎに札幌駅へ到着。

一旦自宅で荷物を整理し
久方ぶりに打ち合わせを兼ねて
黒滝シェフのもとへ。

 

カウンターでお仕事した後、
美味しい手料理を頂戴し


今日一日も無事?終了。

 

 

_______________________

■<2>「ヒト」と「言葉」によって「自縄自縛」が

解き放たれる。
_______________________

 

 

I先生と
久しぶりにお会いましたが

毎日チャットワークを
させて頂いているので

何だか
不思議な気持ちでした(笑)。

 

 

そしてね
I先生とお話ししていると

前に進む「勇気」と「元気」を
毎回、貰えるんです(感謝)。

 

 

そして、ヒトリ高揚した
精神状態で事務所に戻ると

メンバーが適切な
「クールダウン」をしてくれて

冷静に
やることや課題を見つめ直して
仕事に取り組む
好循環になりつつあります。

 

7月まではこの流れが
滞っていたんです(反省)。

 

 

解消するきっかけは
8月2日(水)のブログに
書いておりますが(笑)

 

 

原因は何かを今更ながら
振り返りますとね

「相談できない」。

「己で解決せねばならない」。

という摩訶不思議な
自縄自縛だったのかなと。

 

 

更に何故か、を考えますと

「自分が組織のトップだから」

とか

「自分もコンサルタントだから」

とか、あれこれ思うのですが、

去る12日に大和企業投資時代の
同僚から発せられた言葉

「自分も相談や頼るのが苦手」。

 

 

振り返るに
ベンチャーキャピタリストは

お客さまが
ビジネスオーナーなので

「相談に乗る立場であり
相談する立場ではない。」

なので

「自分で何事も解決する。」

というロジックに
支配されているよね俺たち。

 

 

で激しく
同意したわけです(笑)。

 

 

モチロン
安易に甘えないとか
責任を貫徹する心構えとか

いい面も一杯ありますが
一人の弱い人間ですから

それを生涯、貫徹なんぞ
ハナから無理なわけです、、、

 

 

遅きに失したかもしれませんが
自縄自縛を解き放ってくれた
I先生と仲間たちに
心からの感謝でございます。

 

 

____________________

「味方のふりをした」厄介な敵を退治。

2017.09.12 (火)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

 

 

【9月12日(火)】

 

 

ここ数日、同じパターンの
スタートで恐縮ですが、
本日も東京実家より

順天堂医院へ向かう
一日のスタート。

 

 

周辺と医院駐車場が
大混雑につき
母を下車させて

私は一旦、神田錦町の
事務所至近の駐車場に
車をしまいに。

 

事務所でトイレだけ済ませて
駿河台下からお茶の水まで
緩い上りを徒歩10分

順天堂医院で家族と一緒に
手術前の父と面会。

 

 

今まで短時間ばかりでしたが
初めて1時間ほど滞在し
来た道を戻って事務所でお仕事。

15時からは
パートナーのN君も合流し
大和企業投資時代の同僚で

今はIT会社と食関係企業を
経営するI君にご来社頂き
久方ぶりの三者ご対面。

 

 

当面
ご自分の利益にもならないのに
親身にアドバイスを下さり

お礼の言葉が尽くせません。

I君、本当に本当に
ありがとうございました!

 

 

必ずや
ビジネスとしてお願いできる
ステージに駆け上がります!

 

I君をお見送り後
図ったようなタイミングで
弟より「親父のオペ終了。」
のLINEが。

 

 

急ぎ医院に駆けつけ
家族と合流して

執刀医であり、主治医の
S先生より術後説明を拝聴。

結論は「無事終了。」で
手術内容や今後のリスクについて
教えていただきました。

 

 

S先生、医院の皆さま
厚く厚くお礼申し上げます。

 

 

事前に聞いていたとはいえ
ICUで父と対面した時は

数時間前までの
いつもの威厳がなく
痛みを訴える父を見て

安堵感と寂しさと
表現できない感情が湧き上がり
情けないですが泣けてきました。

 

 

_____________________

■<2>「味方のふりをした」厄介な敵を退治。
_____________________

 

 

今日は(も)父子(私)共に
沢山のヒトに救われました。

 

 

父を救ってくれた
多忙を極めるS先生。

 

 

やりたい放題の私に
文句ひとつ言わず
助けてくれる家族。

 

 

絶妙なタイミングで
連絡をくれるT氏。

 

 

何年もご無沙汰で
何一つ恩返し出来ていないのに
駆けつけてくれたI君。

 

 

いつもさり気なく自然体で
助けてくれるN君。

 

 

私の代打で嫌なお役目を
引き受けてくれた
スタッフのOさん。

 

 

感謝しても感謝しても
しきれません!

 

 

その一方、何故かふと

「味方のふりをした敵」
が身近にいることを
はたと思い出したわけです。

 

 

別に今に始まった話ではなく
ここ数年、特にこの1年
感じていたことなんですが。

 

 

私に限らず
ビジネスにおいてはもとより
ヒトとの関係でも
誰しもあることでしょう。

 

 

でも皆、大人の振る舞いで
時に気づかぬ振り
騙されている振りをして

つかず離れずに上手く付き合い
どうにも困ったら
静かにフェードアウトしてと。

 

フェードアウトできたら
ある意味ラッキーで
大抵の場合はその後延々と
陰湿な嫌がらせが始まります。

 

 

「味方のふりをした敵」なヒト
狡猾である意味
アタマがいいので、まあ大変。

 

 

実は私、この手の輩と
それに対しての大人の振る舞いが
大の苦手でしてね

11年前に勤務先のNo2と
ガチで大喧嘩しましてね
結果、独立しましたと(笑)。

 

 

ガチ喧嘩の概要は
テトラフォースパートナーズHP
小生プロフィール下
「ものがたり」に絶賛掲載中、、

 

 

で、まとめますと、、、

騙されたふりして
味方のフリした敵と付き合い
ビジネスで仮に小利を得ても
失うものの方が圧倒的に多い。

 

最近、反省という言葉を
隠れ蓑にして
「病根はバッサリと切る」。

 

 

その決断と行動をお前(私)、
忘れてやいないか?

無言の父の背中が
不肖の息子(私)に
伝えてくれたのかも。

 

 

病気の治療と同じ
対処療法ではなく
「根治」が大切です。

 

 

____________________

 «   2019年 6月     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  • 2019年6月 (18)
  • 2019年5月 (31)
  • 2019年4月 (30)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)