北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

知らぬ間に、あれ?お客さんが変わっていた・・・なんてことが。

2021.10.15 (金)

 

すべてが終わってから
知らされてビックリしました!

これが普通なんでしょうか?

というお声(相談)を
きのうもいただいたんですよ。

へ?なんのこと???

あ、スミマセンm(__)m

相談者は
某地方の専門家(士業)のAさん。

上記の質問
(コメント)の背景は下記。

Aさんの顧客企業が
Aさんの知らぬうちに
M&Aで買収された。

買収後にとつぜん
新しい社長から連絡があり
Aさんの専門分野にかかわる
仕事を依頼されたことで
事態を把握し
ビックリしたというわけ。

んで、私の答えは

「べつだん驚く話ではないですよ。
なぜならM&Aは情報管理が大切で
必要最小限の関係者にしか
情報が共有されませんから。」

Aさんからは

「悔しさやら寂しさやら
 なんとも言えない気持ちです。」

と話がありました。

でもAさんの場合は
かなりマシですよと
お世辞抜きでコメントを返した。

だってM&Aで
オーナーが変わったのに
ひきつづき仕事の依頼があったから。

事実関係等を確認したら
以前のオーナーはもちろんのこと

従業員の皆さんからも
●●についてはAさん以外に
頼むことは考えられないと
新しいオーナーは聞いており

その意見を尊重して
Aさんにこれからもよろしくと
連絡したというわけ。

首都圏や大都市圏のみならず
地方でも広がりつつある
中小事業者の事業承継。

本来ならば
長年にわたり身近で
顧問等で身近に接している
専門家(士業)に

オーナー経営者が
相談するのが理想だと思う。

でも、地方における
事業承継の件数増加に
反比例するように

地元の専門家(士業)
への相談は減っている。

なぜだとおもいます???

長くなるので今日はここまで。

残酷だけど
冷徹な現実に向き合い

顧客企業、特にオーナーの心理を
思い浮かべてみてください。

上記がヒントと言えばヒント。

んー。わからん・・・・・
相談したい!というかたは
下記までご連絡くださいませ。
https://bit.ly/3kG6ylL

↓ビジネスに役立つ気づきを毎日配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください↓
https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク
 «   2021年 12月     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031