北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

あの会社を創った人は、常に30年先が見えていた。

2021.04.04 (日)

 

ああ、ひさびさに
読みはじめると止まらなくなる本に出会い

寝不足気味の垰本です(爆)。

その本のタイトルは





「起業の天才!」
↓「江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男」↓
起業の天才!?江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男

江副浩正さんの名前を聞くと
誰もが思い浮かべるであろうリクルート事件。
https://bit.ly/31RhMM5

昭和の終わりから平成の幕開け
いわゆるバブル真っ盛りの時代を
象徴する事件ではありますが

私は当時、高校生でしたから
テレビの向こう側で起きていた
遠い世界の出来事でしたね。

そんな私が
リクルートってすげえ会社だなあと
実感することになったのが21年前の2000年。

新卒で入社したベンチャーキャピタルから
はじめて転職したITベンチャー企業。

役員の過半数と主要な幹部が
リクルートの出身者でした。

しかもその多くが理工系かつ超高学歴。
東大・阪大・東北大などなど(爆)

私大文系で金融出身の俺って
すんげえ場違いで
ぜんぜん話が合わないなんじゃねえの?

なんて思いつつ入社しましたが
皆さん、驚くほどフランク。

そして率先垂範して猛烈に働くし
役職性別にかかわらず、みんな「さん」づけ。

きのうまで「部長」「専務」と
役職で上司を呼ぶのが
あたりまえだった私には
カルチャーショックでしたねえ。

でも今の時代ならば上記のこと

しょせんは昔話、思い出話じゃん!

今どきあたりまえのことばっかりじゃん!

なんて思われたりしませんか?

そう、つまりは江副浩正さんが
作り上げたリクルートって会社は
常に30年先を先取りした企業風土をもち

その企業風土が日本のベンチャー業界へ
多くの人材を輩出した原動力になっていた。

ベンチャー業界に身を置き26年目にして
リクルートからあんなにも多くの人材が
ベンチャー業界に供給されていたのか?

その深い背景を体系的に理解できた。

本には、あのアマゾンの創業者
ジェフ・ベゾスさんが、かつて
江副浩正さんの部下だったとあり

今ではアマゾンの稼ぎ頭である
AWS(アマゾンウェブサービス)。

それと同じものを
今から30年前以上まえの1980年代後半
ジェフ・ベゾスさんが思いつくはるか前に
サービスインしようとしていた江副浩正さん。

起業の天才!
江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男↓
起業の天才!?江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男

この本を単なる企業史と読むか
未来の道しるべを見出す着想の源とするか

ひとそれぞれだとは思いますが
企業経営者、起業家、そして我々
中小ベンチャー企業支援にたずさわる者。

一読されて損はなしと
私は思いますねえ。おススメします(^.^)

起業の天才!
江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男↓
起業の天才!?江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク