北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【10月1日(月)】

<ダイジェスト>

新横浜周辺をウロウロ移動してから

夜は茅場町、銀座と巡って
深夜に再び新横浜へ。

 

台風一過で快晴なのは良かったけど

気温も30度越えで暑くなり
身体がビックリな一日でした。。。

 

 

 

<時々刻々の記>

昨晩(というか今日の深夜)は
高層ホテルの建物が
大いに揺れたので

 

かなり寝不足で(泣)
ホテルの部屋を出ると

 

エレベーターが
殆どストップしていて・・・

 

20階から階段で地上まで
降りる羽目に(爆)・・・・・

 

日頃の不摂生のツケを感じつつ(汗)
9時前に新横浜駅前の
待ち合わせ場所(某銀行)へ赴き

ご一緒したEさんの
ヨーロッパへの送金業務のサポート。

 

予想をはるかに上回る
困難な事態というか
煩雑な手続きに泣かされ

 

都合1時間ほどかかって
ようやく終了(爆)。

 

Eさんと急ぎオフィスに移動して

2時間ほどデスクワークをこなして
12時半過ぎ
再びEさんとスタッフの皆さんと
新横浜へ移動して

 

私はホテルの部屋で
急ぎの依頼事項を1時間半ほど。

 

16時前に都内の営業先から
帰ってきた皆さんと合流して
再び皆でオフィスに移動して

来客対応に同席したり
デスクワークをこなして
18時半にEさんと

 

再びオフィスを後にして
急ぎ向かうは茅場町。

 

20時から
いつもお世話になっているHさんと
ご一緒したEさんと共に

 

食事をしながら

共に取り組んでいるビジネスの
セカンドステージへ向けての打ち合わせ。

 

22時過ぎに超久しぶりに
三人で銀座に移動して
1時間ほど二次会を楽しんで

 

0時半過ぎに新横浜へ帰還。

 

二次会と帰りの車中は
チョイチョイと寝落ちして
いつもながらに反省の一日でした(笑)。

 

 

 

________________________

■<2>流石に参った「ガラパゴス」な経験。
________________________

誠に恥ずかしきことながら
いい年こいて「海外送金」の実務
初めて体験させて頂きました(汗)。

 

結論、何とも大変というか
考えさせられるというか

 

ユーザーフレンドリーには
程遠い実情に遭遇した感じ。。。

 

長い付き合いな
フランス人のEさんが
怒ったのを正直

 

今まで見たことがなかったんですが
その彼を怒らせた位、ストレスフル。

 

世界中でシームレスに
ビジネスをしているEさん曰く

 

「タオモトさん
日本はこれじゃ、ヤバいよ。」と。

 

細かいことまで指摘したら
キリがないので、ポイント?だけ
ご紹介しますとね

 

「海外送金」なのに
外国人が英語その他で
自己完結できないサービス状態。
 

日本語が堪能なEさんでさえ
自己完結できず、私がサポートして
ようやく、完遂・・・・・

 

煩雑な確認作業とか
マネロン問題とかあるので
100歩譲って良しとしても

 

肝心カナメの
「身分確認」をしないんですよ(爆)。

 

Eさんのパスポートも
私の運転免許証も
最後まで出番なし・・・・・

 

何だか完全に本末転倒というか
本質を完全に外しているというか
2人揃って朝から凄い疲労感。

 

日本人として
日本のことをメディアとかに
「ガラパゴス」だ!何て

 

揶揄を込めた表現を
ママ目にして聞くと

 

無条件に反発心を抱いた私ですが
今回ばかりは、反論の余地なし。

 

各種各様の業界や業務で
様々な手続きやプロセスがあるのは
止むを得ないとは思うものの

 

各種の手続きやプロセスが

「何のために」必要なのか

「誰のために」必要なのか

 

真剣に考えてやんないとね。

 

各種の手続きやプロセスが

「お客さま」のためでなく

内向きな「いい訳」の

為に行われているならば

 

一昔前ならいざ知らず

もはや今の世の中、通じない。

一度、お客さまから見離されたら

後から幾ら改善しても

何を言っても、見向きもされない。

 

私自身も、弊社のあり方も
ゼロベースで見直さねばと
そんな危機感を抱いた一日でした。

____________________