北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

経営者を悩ませる「アレ」から解放される&調達手段が多様化する♪

2024.02.15 (木)

 

他に気を取られないうちに(笑)
お約束通りきのうの↓
https://x.gd/BqlVi

続きを書きます。

新株発行などの
エクイティファイナンスで
株式市場から資金調達を

おこなう以外に
IPO(新規株式公開)すると
会社にどんなメリットがあるのか?

いくつもありますが、
まずお知らせしたいのが

銀行借り入れに際しての
経営者の個人保証が外れることです。

下記のとおり昨年から、
https://x.gd/y810T

経営者の個人保証を
見直す動きがありますが、

垰本泰隆の現場感覚では
銀行が積極的に

「社長、個人保証を外しますね!」

なんて
自らが不利になることを
案内するとは思えない(爆)

なので、
会社自らが求めて
いかないと思います。

と、
脱線したので話をもどすと

IPO準備会社の場合、
上場を控えたタイミングで

主幹事証券会社
(東京プロマーケットの場合は
Jアドバイザー)から必ず、

銀行に対して
個人保証を外すよう
働きかけることを要請されます。

そして私の経験則では
例外なく個人保証が外されます。

なぜならば
IPOする会社は必ず
監査法人による監査を受け
それに基づいて決算書類を
作成し開示するからです。

くわえて、
銀行取引の幅も広がる。

もっとあけすけに言えば
貴社と取引したい!という
銀行が増えることで

金利などで
有利な取引条件を
引き出せるようになる♪

つまり、
新株発行などの
エクイティファイナンスで
株式市場から資金調達が
それほどできなかったとしても

銀行借り入れに代表される
デットファイナンスでの
資金調達にはプラスにはたらく。

以上をまとめると
会社にとって生命線である
資金調達手段が
多様化することが
IPOのメリットの一つだと
私の経験則からも確信しています。

以上、お金にからむ
IPOのメリットを書きましたが
そのほかについても
折をみてご案内しますね。

=====================

↓ビジネスに役立つ気づきを無料配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

スポンサードリンク
 «   2024年 7月     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • 2024年7月 (10)
  • 2024年6月 (20)
  • 2024年5月 (21)
  • 2024年4月 (21)
  • 2024年3月 (31)
  • 2024年2月 (29)
  • 2024年1月 (31)
  • 2023年12月 (31)
  • 2023年11月 (30)
  • 2023年10月 (31)
  • 2023年9月 (30)
  • 2023年8月 (31)
  • 2023年7月 (31)
  • 2023年6月 (30)
  • 2023年5月 (31)
  • 2023年4月 (30)
  • 2023年3月 (31)
  • 2023年2月 (28)
  • 2023年1月 (31)
  • 2022年12月 (31)
  • 2022年11月 (30)
  • 2022年10月 (31)
  • 2022年9月 (30)
  • 2022年8月 (31)
  • 2022年7月 (31)
  • 2022年6月 (30)
  • 2022年5月 (31)
  • 2022年4月 (30)
  • 2022年3月 (31)
  • 2022年2月 (28)
  • 2022年1月 (31)
  • 2021年12月 (31)
  • 2021年11月 (30)
  • 2021年10月 (31)
  • 2021年9月 (30)
  • 2021年8月 (31)
  • 2021年7月 (31)
  • 2021年6月 (30)
  • 2021年5月 (31)
  • 2021年4月 (30)
  • 2021年3月 (31)
  • 2021年2月 (28)
  • 2021年1月 (31)
  • 2020年12月 (31)
  • 2020年11月 (30)
  • 2020年10月 (31)
  • 2020年9月 (30)
  • 2020年8月 (31)
  • 2020年7月 (31)
  • 2020年6月 (30)
  • 2020年5月 (31)
  • 2020年4月 (30)
  • 2020年3月 (31)
  • 2020年2月 (29)
  • 2020年1月 (31)
  • 2019年12月 (31)
  • 2019年11月 (30)
  • 2019年10月 (31)
  • 2019年9月 (30)
  • 2019年8月 (31)
  • 2019年7月 (31)
  • 2019年6月 (30)
  • 2019年5月 (31)
  • 2019年4月 (30)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)