北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

ピッチ(プレゼン)で 一番大切なことは、喋りでも資料でもなく、すばりコレ。

2023.12.13 (水)

 

下記の件で、
https://x.gd/yuAxg

メールをくださった皆さま、
ありがとうございました♪

垰本泰隆と同じ考えの方が
結構いらっしゃったので
書くまでもないかなと思いつつ

尻切れトンボもアレなので

「ピッチ(プレゼン)で
一番大切なことはなにか?」

について、私の考えを書くと、

ずばり『時間厳守』すること。

へ?そんなの当たり前でしょ?

と思われる方、
実際のところどうですかね?

スタートアップのピッチのみならず
様々なセミナーや講演会でのプレゼン、

果ては乾杯の挨拶に至るまで(爆)
(ま、これはピッチじゃないけどw)

それぞれがタイムテーブル通り
キッチリ終わらないことが
ママあるのではないでしょうか?

まあ、言われてみれば
そうかもしれないけれど、
せいぜい数分オーバーする位じゃね?

ので、目くじらを立てる
ほどのもんでもないでしょ!

という心が広く
お優しい方には
嫌われるでしょうが、

私はこれに関しては
極めて心が狭い(爆)。

なぜなら
時間通りに終わらないと

かけがえのない
他人の時間を奪ってしまう。

聞き手の皆さんの時間は勿論のこと、

登壇者が複数いることが殆どの
スタートアップのピッチ会では
後に続く人達の時間を奪うことになる。

タイムオーバーが積み重なり
予定の終了時刻をオーバーした結果

聞き手の皆さんが帰ってしまい
最後に登壇した方は
話すら聞いてもらえない。

何て事もあるわけです。

ので、私は
どんなに中身が良くても
どんなに喋りが流暢でも

ピッチで
タイムオーバーをした
スタートアップを

「自分さえ良ければいい症候群」

と名付けて減点します。

逆に言えば喋りのうまさや
プレゼン資料のカッコよさなんか
ハッキリ言って二の次ってことです。

悪気はないんだろうけど

ピッチ(プレゼン)の
タイムオーバーは
他人様のかけがえのないものを
奪っていることを

ゆめゆめお忘れなきよう。

=====================

↓ビジネスに役立つ気づきを無料配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

スポンサードリンク
 «   2024年 3月     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • 2024年3月 (4)
  • 2024年2月 (29)
  • 2024年1月 (31)
  • 2023年12月 (31)
  • 2023年11月 (30)
  • 2023年10月 (31)
  • 2023年9月 (30)
  • 2023年8月 (31)
  • 2023年7月 (31)
  • 2023年6月 (30)
  • 2023年5月 (31)
  • 2023年4月 (30)
  • 2023年3月 (31)
  • 2023年2月 (28)
  • 2023年1月 (31)
  • 2022年12月 (31)
  • 2022年11月 (30)
  • 2022年10月 (31)
  • 2022年9月 (30)
  • 2022年8月 (31)
  • 2022年7月 (31)
  • 2022年6月 (30)
  • 2022年5月 (31)
  • 2022年4月 (30)
  • 2022年3月 (31)
  • 2022年2月 (28)
  • 2022年1月 (31)
  • 2021年12月 (31)
  • 2021年11月 (30)
  • 2021年10月 (31)
  • 2021年9月 (30)
  • 2021年8月 (31)
  • 2021年7月 (31)
  • 2021年6月 (30)
  • 2021年5月 (31)
  • 2021年4月 (30)
  • 2021年3月 (31)
  • 2021年2月 (28)
  • 2021年1月 (31)
  • 2020年12月 (31)
  • 2020年11月 (30)
  • 2020年10月 (31)
  • 2020年9月 (30)
  • 2020年8月 (31)
  • 2020年7月 (31)
  • 2020年6月 (30)
  • 2020年5月 (31)
  • 2020年4月 (30)
  • 2020年3月 (31)
  • 2020年2月 (29)
  • 2020年1月 (31)
  • 2019年12月 (31)
  • 2019年11月 (30)
  • 2019年10月 (31)
  • 2019年9月 (30)
  • 2019年8月 (31)
  • 2019年7月 (31)
  • 2019年6月 (30)
  • 2019年5月 (31)
  • 2019年4月 (30)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)