北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

相場よりも高く貸したりとか、安く借りたりとかも、できちゃうわけで。。。

2023.09.29 (金)

 

「他の事例も教えてください!」

というお声を
下記を読んでくださった方々から
https://onl.tw/KSAA7Lp

頂戴したのでm(__)m

IPO(新規株式公開)を
果たす上で障壁となる
関連当事者取引の
事例をもう一つ紹介します。

それは、不動産の貸し借り。

たとえば
会社が使用している
事務所の建物や土地を

社長が個人で所有していて
会社から賃料をもらっていたり

社長が住む自宅を
会社が所有していて
社長が会社に
家賃を支払っているようなケース。

まあ、これらも
ぶっちゃけ中小の
オーナー会社では
よくあるケースですよね。

きのうのケースと同じく
https://onl.tw/KSAA7Lp

これらも適法な手続きを
していれば違法行為ではない。

が、以前も述べた通り

関連当事者は
会社に重要な影響力を
及ぼすことができるわけです。

となると?

上記の事例で言えば
会社が相場よりも高い賃料を
社長に払うことでもできるし

その逆に
社長から受け取る家賃を
相場よりも著しく安くすることも

やろうと思えば出来てしまう。

くわえて
一時的に資金繰りなどが
厳しいなどの事情があれば

支払いを止めたり
猶予したりなんてことも
裁量で出来てしまうわけです。

きのう事例にあげた
お金の貸し借りもそうだけど
これが普通の商取引、

銀行からの借り入れや
赤の他人から
不動産を借りていたら
そうはいかないですよね。

というわけで
このような関連当事者取引も
まず間違いなく
解消を求められると
覚えておいてくださいね。

そしてこれらが
問題になるのは
なにもIPOにかぎった話ではない。

多くの未上場企業が
今後は直面すると思いますよ。

だいたい察しが
つくと思いますが
ちょいと考えてみてね。

=====================

↓ビジネスに役立つ気づきを無料配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

スポンサードリンク
 «   2024年 7月     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • 2024年7月 (10)
  • 2024年6月 (20)
  • 2024年5月 (21)
  • 2024年4月 (21)
  • 2024年3月 (31)
  • 2024年2月 (29)
  • 2024年1月 (31)
  • 2023年12月 (31)
  • 2023年11月 (30)
  • 2023年10月 (31)
  • 2023年9月 (30)
  • 2023年8月 (31)
  • 2023年7月 (31)
  • 2023年6月 (30)
  • 2023年5月 (31)
  • 2023年4月 (30)
  • 2023年3月 (31)
  • 2023年2月 (28)
  • 2023年1月 (31)
  • 2022年12月 (31)
  • 2022年11月 (30)
  • 2022年10月 (31)
  • 2022年9月 (30)
  • 2022年8月 (31)
  • 2022年7月 (31)
  • 2022年6月 (30)
  • 2022年5月 (31)
  • 2022年4月 (30)
  • 2022年3月 (31)
  • 2022年2月 (28)
  • 2022年1月 (31)
  • 2021年12月 (31)
  • 2021年11月 (30)
  • 2021年10月 (31)
  • 2021年9月 (30)
  • 2021年8月 (31)
  • 2021年7月 (31)
  • 2021年6月 (30)
  • 2021年5月 (31)
  • 2021年4月 (30)
  • 2021年3月 (31)
  • 2021年2月 (28)
  • 2021年1月 (31)
  • 2020年12月 (31)
  • 2020年11月 (30)
  • 2020年10月 (31)
  • 2020年9月 (30)
  • 2020年8月 (31)
  • 2020年7月 (31)
  • 2020年6月 (30)
  • 2020年5月 (31)
  • 2020年4月 (30)
  • 2020年3月 (31)
  • 2020年2月 (29)
  • 2020年1月 (31)
  • 2019年12月 (31)
  • 2019年11月 (30)
  • 2019年10月 (31)
  • 2019年9月 (30)
  • 2019年8月 (31)
  • 2019年7月 (31)
  • 2019年6月 (30)
  • 2019年5月 (31)
  • 2019年4月 (30)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)