北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

データは正しかった。でも、間違えていた!?ので、そのまま突き進んだら・・・

2022.02.04 (金)

 

いやはや、
危ないとこだった・・・

クライアントと
営業会議をしてましたら

営業候補先リストの中に
知っている会社がいくつも!

え?なんで危ないの?

それなら垰本が
紹介してあげればいいじゃん!

って、普通は思いますよね。

はい。普通なら
私だってそうしますが

紹介うんぬんではなく
むしろ接触すべきでないと
判断して意見を申し上げた。

くわしくは書けないが
一言だけいえばミスマッチ。

相手の会社に
そのニーズはない上に
むしろ怒りを買う恐れがあった。

そう判断したわけは
クライアント先が
営業候補先のリストを作った
根拠データに問題があったから。

これまた詳しく
かけなくて申し訳ないが
根拠データは正しかったんですよ。

ところが、引用すべき
データを間違えていたというわけ。

そうねえ。たとえていえば

「20代の男性が欲しがるもの」

が正しい根拠データなのに

「20代の女性が欲しがるもの」

を引用しちゃった。みたいな(爆)

じっさいはそんな
凡ミスじゃなかったんだけどw
いずれにしても
はずれていたことだけは間違いない。

どんなビジネスでも
予測や想定顧客が
常に100%ビンゴなんて
ありえないですし

ゆえに皆さん日々
トライアンドエラーをしつつ

データを活用するなど
さまざまな取り組みを
されていると思います。

んが、こんなこと言っては
身も蓋もないかもですが

データに偏重しすぎちゃうと
危ないんじゃないかなあ。

結論がきのうと
おんなじになっちゃうけど(汗)

組織が大きかろうが
小さかろうが、相手は生身の人間。

データでとらえる
ことができないモノも
しっかりと見つめてくださいませ。



スポンサードリンク