北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

数は復活!実に喜ばしい(^.^)で、かんじんの中身は?

2021.10.12 (火)

 

きのうの夜
札幌から東京へ移動したんですが

いやあ久々に
明るい気持ちになった(^.^)

毎月、東京と札幌を
行き来しておりますが

コロナ禍がはじまった
2020年1月から
ざっくりですけど

自分が利用した
JRや飛行機の利用者を
数えて記録しております。

何やってんだか。ですが(笑)

前回(9月28日)に
東京から札幌へ
移動したときにくらべると

ざっと2倍になってました。

新千歳空港と札幌を結ぶ
JRの快速エアポート。

私が乗った車両は
9月28日は5名でしたが
きのうは10名ほど。

9月28日に乗った飛行機は
搭乗率は5~6割ほどでしたが
きのうはほぼ満席!

新千歳空港の出発ロビーも
ほどよく座席が埋まっており

ついに!ようやく!
戻ってきたか!なんて気持ちに(^.^)

がね、何かが
以前(コロナ禍前)と
違うような気がしたんですよ。

それは・・・・・客層。

以前ならば平日の月曜日の夜
おおむね18時以降の飛行機は
ほとんどがビジネスパーソン。

んが、きのうは
半分近くは観光や
プライベート風と思しきお客さん。

別にどっちだっていいじゃん!

お客さんが戻ってきて
売上が回復するのは喜ばしい!

ええ。もちろんそう思います。

ないよりはマシですから。

でもね、経営者であれば
ここで舞い上がらず冷静に
考えた方がよいと思うんですよ。

観光客が果たして毎月
同じところにきて
(乗って)くれるのか?

ビジネスパーソンは
いまはまだ●●の理由で
様子見だろうが
いずれ必ず戻ってくるだろう。

いや
パラダイムシフトが起き
手堅いリピート需要であった
ビジネスパーソンは
●●くらいは減るだろう。

などなど。

目先の数字で
一喜一憂するだけで終わらず

その数字の裏に
隠されているものはなにか?

なんてことを考え
先の手はずを整えておくこと。

これをしないと
先を見誤り悲劇をうみますのでね。

多くの賢明な
読者の皆様には釈迦に説法ですが

そんなことを体感するためにも
徐々に制限等が緩和されたのを機に
現場を見たうえで

これって●●?を考える

ことをおススメします。

↓ビジネスに役立つ気づきを毎日配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください↓
https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク