北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

わざわいを転じて福となる会社と、ならない会社は、ここが違いね。

2021.10.11 (月)

 

先週、関東地方で発生した地震。

そして昨日は変電所の火災で
首都圏の鉄道に影響が出てましたね。

トラブルはないに
こしたことはないけれども

特に地震のような災害は
誰もコントロールできない。

とはもうせ企業においては
(に限らす個人もですが)

いわゆる
BCP(Business Continuity Plan)

事業継続計画に代表されるような
対策をこうじておきませんとね。

えてして
なんとかは忘れたころに
やってきますから・・・・・

で、ニュースを見ていて
ちょいと考えちゃったのが
地震が発生した翌日の光景。

間引き運転などの影響により
通勤通学客で
ごったがえしていた駅。

事情は人それぞれ
どうしても移動しなければ
ならない方々もいると思うが

全部が全部、本当にそうなのかなあ。。。

なんてお節介なことを思った。

よくも悪くも
コロナ禍で広がったテレワーク。

こういう時こそ臨機応変に
活用すべきなんじゃないかしら?

でもどうしてテレワークが
活用できるはずの人々も
活用できていないのか?

先週の金曜日
恩師がいった言葉を思い出した。

それは・・・

多くの日本企業は
ITシステムなどを
自社の現状に合わせたが

多くの欧米企業は
ITシステムなどに自社を合わせた。

これが効率や
生産性の決定的な差に
つながっていると。

すこし解説すると

多くの日本企業は
自社の仕事の進め方や仕組みを
見直すことなく

ITシステムなどを
導入したケースが多い。

いっぽう多くの欧米企業は
自社の仕事の進め方や仕組みを

今回のコロナ禍を契機に
社員が出社できなくても
あるいは一か所に集まれなくても

とどこおりなく進むよう
自社の仕事の進め方や仕組みを変え
そのうえでITシステムを導入した。

自社にあわせた●●!って
一見するとイイ感じだけれど

そもそも自社の
やり方や仕組みが
時代や環境にあってなければ

カネと時間を
無駄遣いしただけに終わり

今回のような自社では
コントロールできないトラブルに
翻弄されるだけじゃないかあ。

なんてことを思った次第。

禍を転じて福となす」は

今までのあり方や、やり方に
とらわれない者(企業)
にしか、やってこない。

おたがい、肝に銘じたいものです。

=======================
【札幌事務所移転のお知らせ】
 https://bit.ly/3Fbdhi4
=======================

スポンサードリンク