北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

さて、きのうの答えを、今日はお伝えしますね。

2021.09.24 (金)

 

はい!答えは「B」です!

あ、すみません。
下記の続きでございますw
https://bit.ly/3kCqGYk

そ。ベンチャーキャピタルの
お客さんってのは

A)投資したベンチャー企業

ではなく

B)ファンド(投資資金)の出資者

なんです。

解説すると

投資資金は出資者のものであり

ベンチャーキャピタルは
あくまでお金を預かっている。

ので、会計的にいえば
「預り金」であって
売上じゃないんですよ。

んが、
ベンチャーキャピタルは
出資者から「管理報酬」
というのをいただいています。

この「管理報酬」が
ベンチャーキャピタルにとっての
安定的な売上げとなる。

いっぽう投資した
ベンチャー企業から
ベンチャーキャピタルが
●●報酬とかをもらうケースは
ほとんどない。

(例外がありますが
話がややこしくなるので
本日は割愛します)

よって、昨日も書いたように
商品サービスを
お金をだして買ってくださる方が
お客さんなわけですから

ベンチャーキャピタルのお客さんは
ベンチャーキャピタルファンドという
商品および

その資金を運用する
サービス(これが管理報酬)を
お買い求め下さる
出資者ということになる。

書けば、なんだ当然じゃん!

と思われるでしょうが
若かりし頃の反省をこめて
申し上げると(汗)

投資する
ベンチャーキャピタリスト
(昔の私を含む)と

投資を受ける
ベンチャー企業のなかには
勘違いしている人がたまにいる。

だって、投資して
もしキャピタルゲインが発生したら

儲けさせてくれたのは
会社を頑張って成長させた

ベンチャー企業じゃないか!

だからベンチャー企業は
ベンチャーキャピタルの
お客さんなんだ!みたいな誤解。

でもね、これって
いわば仕入れと販売の関係。

ベンチャー企業の株式を仕入れて
株式市場などで売却(販売)する。

ということ。

こう考えてもらえば
理解してもらいやすいかなあ(*^-^*)

この手のちょっと
誤解しがちなケースって
実はほかの業界にもあるんですが

今日は
古巣のベンチャーキャピタルと
出資者、ベンチャー企業の関係を
あらためてお知らせした次第。

本当のお客さんは誰なのか?

イロハのイでありますが
あらためてしっかりと
とらえ直したいもんです。

このボタンを掛け違えると
本末転倒になりますので
要注意ですよ。

 

=======================
【みんなの銀行】口座開設で1,000円プレゼント!
※スマホからしかダウンロードできません※

以下のリンクからアプリをダウンロードし
口座開設時に紹介コードを入力してください
ダウンロード:https://www.minna-no-ginko.com/open-account/
紹介コード:JvqRKYmq
=======================

スポンサードリンク