北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

拒否して終わりじゃあ、ないんですよ。そのままだと40日後に・・・

2021.09.18 (土)

 

昨日のブログ↓に絡む
https://bit.ly/3Evz1or

質問をいろいろといただきまして(^^;)

せっかくなので
一番多かった質問と回答を
この場を借りてシェアします。

質問内容は
自社株の譲渡承認請求を
拒否した場合どうなるんですか?

で、回答。

譲渡承認を拒否された株主は
会社に対して
株式の買い取りを請求できる。

そして会社は
譲渡を拒否した日から
40日以内に一定の金額を

供託所に供託したうえで
株主に対して
会社が買い取る旨を
通知しなければなりません。

もし、上記をしないと
譲渡は承認したものとみなされる。

そして供託する一定の金額とは?
1株当たりの純資産額×株式数となる。

ね。大変でしょ(爆)。

きのうも書いたけど
ある一面のメリットだけを
重視して自社株を安直に
分散させると

事業承継を
困難にするのみならず

思いもよらない
お金があとから
出ていくリスクもあるんです。

お金だけじゃなくて
手間もそれなりにかかりますし。。。

株式上場を目指さない
多くの中堅中小企業では

こういった株主対策
いわば資本政策を軽視しがち。

というか
ほとんど資本政策を
考えていないと
言っても過言ではない。

資本政策?
んなもんは
ベンチャーキャピタルから
出資をうけるなど

上場を目指す会社が
考えるもんだろー!

なんて思うのは大間違い。

借金はしんどくても
返せばリセットできますが

一旦発行した株式は
元金を返してリセット!

てな訳にはいかない。

譲渡制限があるから
うちの会社は大丈夫!

は社長!誤解ですよ!

くれぐれもご注意ください。

=======================
【みんなの銀行】口座開設で1,000円プレゼント!
※スマホからしかダウンロードできません※

以下のリンクからアプリをダウンロードし
口座開設時に紹介コードを入力してください
ダウンロード:https://www.minna-no-ginko.com/open-account/
紹介コード:JvqRKYmq
=======================

スポンサードリンク