北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

ほしい人材が手に入らない(+_+)その理由は実にシンプル。なぜなら・・・

2021.08.30 (月)

 

皆さんの会社では思い通りに
人材採用ができていますか?

ごく一部の大企業や有名企業をのぞき

ほとんどの中堅中小企業や
ベンチャー企業では人材獲得に四苦八苦。。。

私のところには
IPO(株式上場)の経験がある
CFO(最高財務責任者)を紹介してほしい!

という依頼がいちばん多く
寄せられますけれども
残念ですが、まず紹介できない。

理由は簡単。いないから(爆)。

いまだに毎月何件か
私のところにダメもとで

●●社で常勤CFOに
なってもらえませんか?

なんてスカウトが
来るくらいですから
よほどいないんでしょうねえ。

求人をされる
会社さんの気持ちはよくわかる。

誰だって手間いらずの
即戦力が欲しいですから。

でもね、過去にもお知らせしたが
IPOを経験したCFOってのは
年間のIPOの社数分しか誕生しない。

昨年
新規でIPOを果たした会社は93社。

つまり93人のIPO経験を有する
CFOが誕生したわけですけども

全員が上場翌日に退職して
転職市場に出てくるわけじゃない。

んなことしたら
ふざけんな!って
証券取引所が激怒するし(爆)

上場したあとも
CFOはやること沢山ある。

私も過去2社
常勤でCFOをつとめたとき

自分の後任を育て
退任後に迷惑を
かけないようにするために

上場後に1年半ほどの
時間を要しましたので。

てな昔ばなしはココまでとして(汗)

CFO人材を探しもとめている
中堅中小ベンチャー企業の皆さん。

皆さんが欲しい人材は
お金では買えないと
認識してもらった方がよい。

反発をうけるだろうか
ないものねだりであるとも言える。

時間はかかるけれども
御社にいる人材を育てる

ポテンシャル採用した人材を
育てることにシフトしたほうがよい。

「いなければ育てる」しかないですよ。

あ、伴走型で
CFO人材を育てることは
私がもっとも得意とするので
お気軽に下記までお申し付けください(^^;)
https://bit.ly/3kG6ylL

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【メディア掲載のお知らせ】
AUBA公式メディアサイトTOMORUBAに
インタビュー記事が掲載されました!
ぜひ下記よりご覧くださいませ。
https://bit.ly/2XK6OJM
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

スポンサードリンク