北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

もう、スキルは充分磨いたのでは?それよりもコチラを。

2021.08.19 (木)

 

昨日はIPO関係者
M&A関係者、起業家があつまる
月例の会合に参加してきました。

その席上
先日、IPOを果たしたS社のT島社長が

ビットバレー
参加したことがある人
手を挙げてください!

って会場に問いかけたら
手を挙げたのが私ひとり(爆)。

20年の時の流れを
ひしひしと感じたのでしたw

ん?ビットバレー?
んなもん、私も知らんよ!

という方、失礼しましたm(__)m

ビットバレーとは?
下記をご覧ください。
https://bit.ly/3gf3Zqw

ま、私の感傷あふれる
前置きはここまでとしまして

偶然にも2週連続で
同じデータを見ることになった。

それは
平成元年(1989年)と現在の
世界の時価総額ランキング。

違いをざっくり説明すると
1989年のトップ10は
ほとんど日本企業がしめていた。

が、現在(20201年6月時点)では
日本企業は1社もない・・・・・
(下記:ご参考)
https://bit.ly/38azcqx

規模や順位が
価値観のすべてではないけれど
あまりにも寂しい事実。。。。。

この要因について
いろんな人が様々な分析をして

失われた30年なんて言い方を
したりしているが

じゃあ、どうすればいいのさ?

なんて建設的な提案が
あんまりないなあ。

なんて思うのは私だけかな?

が、昨日の会合に
登壇されたT島さんが
非常に興味深いことを言われた。

まさに、どうすればいいのか?を(^^;)

とあるケースを題材に
私たちがどんな視点を
持った方がいいのか?

会場で問いかけたら
なんとパートナーのO倉さん
ほぼ正解を言い当てた(驚!)

さすが少年の心を忘れてない(笑)

今日は長くなりましたので
続きは明日おとどけしますが
ヒント(キーワード)は

スキルよりもクリエイティブ。

きのう会場でご一緒した
読者の方にはバレバレですがw
皆さんも考えてみてくださいね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
テトラフォースパートナーズ
LINE公式アカウントで
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください↓
https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク