北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

あんこなら、あんこだと、正々堂々と名乗るべし!

2021.08.16 (月)

 

不動産業界で使われる言葉に
あんこ業者があります。

簡単に説明すると
不動産の売主や買主とは
直接つながっていない業者のこと。

売主や買主から
直接依頼を受けている仲介業者の
間に入って情報をやり取りし
仲介業者から分け前をもらうんですね。

そしてこの「あんこ業者」は
M&Aの世界にもいるんですよ。

ま、あんこ業者の存在自体は
法令などに違反しているわけでもなく
完全に否定するつもりもない。

が、中には
モラルに反する輩がいる。

具体的にいうと
さも自分が売主や買主の
直接の代理人のふりをする輩

先日もM&Aビジネスに
新たに取り組んでいる
クライアントから
次のような相談がありまして。

「守秘義務契約を結んだのに
いつまでたっても相手の代理人から
売主の情報が出てこないんです」

クライアントとは
守秘義務契約を結んでいますから
相手とのやり取りを見せてもらった。

やり取りの中にあった一文で
ああ、あんこ業者だと私は気づいた。

M&Aにかぎらず
ビジネスにおいて
駆け引きや交渉はつきもの。

だが、今回のケースは
駆け引きでもなければ交渉でもない。

最初に言うべき事実を隠しているだけ。

結果、何が起きるか?は
賢明な皆さんならお判りですよね。

最も大切な信頼を失い
ブラックリストに載るだけのこと。

自分(自社)は何者なのか?

ほとんどの方は
きちんと名乗りをされており
心配ないとは思うものの

相手(お客さん)に
誤解を与えていないだろうか?

なんてことを
定期的に見直してみてくださいませ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
テトラフォースパートナーズ
LINE公式アカウントで
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください↓
https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク