北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

困りごとを解決したいなら?ジョコビッチ戦法でしょ。

2021.07.31 (土)
涼やかなイメージがある
北海道ですら
連日の真夏日が続いている今日この頃。
皆さま、くれぐれも
熱中症その他に気をつけて
お元気でお過ごしくださいね。
さて、新型コロナの感染が
爆発的な拡大をみせ
ふたたび緊急事態宣言や
まん防の拡大など・・・
にたいする
やるせない思いとは裏腹に
日本勢が過去最高の
メダルラッシュに沸くオリンピック!
コンディションに人一倍
気を使っているアスリートの皆さんも
この酷暑、大変だと思います。。。
先日、テニスのジョコビッチ選手が
暑さに耐えかねて
「試合の始まる時間を遅くして」と
訴えたこと。皆さんもご存じと思います。
その結果
実際に開始時間の変更がされましたね。
ま、変更された時間の是非は別にして(爆)。
いやあ、改めて思いました。
困ったときには素直に正直に
「困っています」
「助けてください」
と、はっきり言うのが大事だなと。
2年前に、某外資系企業の
立て直しの仕事を受けた時のこと。
親会社のトップ(ドイツ人)と
日本法人のトップ(フランス人)が
実にストレートに
「困っているので助けてください」と
言われて内心、驚いたことを思い出した。
私も含めて日本人の
特に経営者や地位の高い方は
彼ら外国人のように
素直に正直に、言わないことが多いもん。
たいていはグッと我慢し
自分一人で抱え込んじゃって
いよいよどうにもならん!
となってから
悲壮感満載で駆け込んでくるケースが
昔も今でも一定数あります。
1年半近く続くコロナ禍でも
官民挙げての支援策などもあって
駆け込み相談は少なかったですが
ここ最近
気の毒には思うけど
話しを聞くなどして
状況を把握した結果
残念ながら手遅れで
弁護士さんに破たん処理を
お願いせざるをえないケースが
徐々に増え始めております。。。。。
世界ランク1位の
ジョコビッチ選手ですら
「暑すぎる!何とかして!」
我慢せずに言った結果、事態は打開された。
従業員やその家族、取引先など
たくさんの命運を背負っている
経営者の皆さんはなおのこと
困ったときには
プライドを捨て、やせ我慢をせず
「困っています」「助けてください」
と1日でも早く声をあげないと。
我慢のしどころを
くれぐれも間違えないでくださいね。
ご相談はお気軽に
お早めに下記までどうぞ!
=======================
【みんなの銀行】口座開設で1,000円プレゼント!
※スマホからしかダウンロードできません※
以下のリンクからアプリをダウンロードし
口座開設時に紹介コードを入力してください
紹介コード:JvqRKYmq
=======================
スポンサードリンク