北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

1件で1,000円ですか・・・そりゃ断るわな。。。

2021.05.24 (月)

 

ワクチン接種がすすみ始め
明るい兆しが多少は見えた?ものの

いまだコロナ禍で苦しまれている
事業者を支援する一環として
国が用意した一時支援金↓
https://bit.ly/2NW6umD

5月末が申請期限ですが
申請に必要な
書類の準備に時間を要するなど

申請期限に間に合わない
合理的な理由がある方については、
申請に必要な書類の
提出期限を2週間程度延長いたします。

と、上記、一時支援金の
ホームページに記載されています。

が、申請する前に必要な
登録確認機関での事前確認が受けられるのは
申請に必要な書類の提出期限の
数日前までとなりますので、ご注意ください。

と、ありますので
申請をお考えでお済みでない方は
今週中には済ませたほうがよいですよ。

が、いっぽう、申請したくても
できないという声も数多くある。

登録確認機関に認定されているのは
金融機関、商工会
税理士や会計士などの有資格者(専門家)など。

で、多くの登録確認機関は
自分たちの取引先以外については
対応を断ることが多い。

つまり運悪く
自社が取引している金融機関や
専門家が登録確認機関ではない場合
申請できずに困るというわけ。。。

なぜそんなことが起きているのか?

実際に事前確認業務に奔走している
専門家から裏話を聞いて、愕然とした。

確認作業1件あたり
国から登録確認機関に支払われる報酬は
なんとたったの1,000円・・・

顧問先で日常的に数字を
把握している先ならまだしも
(それでも、ありえない価格設定ですが)

これ、付き合いのない先の
数字や帳簿を確認する場合
どんな優秀な専門家でも1時間じゃ終わらない。

そりゃ、断るわな・・・・・

そもそもこの
登録確認機関による事前確認は
不正防止が目的なんでしょうが
プライシングに違和感を感じるのは私だけ?

そして、つまりは
専門家や金融機関に対して
ボランティアを暗に求めているのか?

なんてことを、私は感じてしまった。

そして言い換えれば
無形サービスや人的リソースを
いかに軽く、安くみているかということ。

ま、そんなボヤキをしても
意味がないですので、今日のまとめを。

ボランティアってのは
あくまで自発的におこなうもの

人の善意につけ込んで
結果としてボランティアを
やらせるものではない。

人の振り見て我が振り直せ。
自分の所作が、相手に対し
理不尽なボランティアを強いてはいないか?

その場はよくても
長い目で見たら周りから人がいなくなるよ。

自己点検を日々、忘れずに。ですね。

↓ビジネスに役立つ気づきを毎日配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください↓
https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク