北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

もしかして気づいちゃいました?それGoodです!

2021.05.07 (金)

 

3年後のIPO(株式上場)を目指している

B社さんのご支援をはじめて2ヶ月。

今回はIPO準備にまつわる
膨大な書類づくりや各種作業だけでなく

現CFOの後任候補である
K部さんをOJTで育成する
ミッションも担っています。

時節がら五月病?にも配慮し
第一弾の作業負荷を少し
ゆるめたりと緩急を考えつつ。

でも、杞憂だったかも(^.^)

くじけるどころかK部さん自ら

「●●の理由で
●●を作った方が良いと思うんですが
垰本はどう思いますか?」って

質問と逆提案をしてくれた。

いやあ、嬉しかったなあ(*^-^*)

ちなみにK部さんは
IPO準備の経験はまったくないです。

つまりIPOのために
仕方なく、嫌々やるのではなく

●●をつくり、仕事のフローを
見える化(言語化)したほうが
会社にとってプラスになるなあと
自分で気づいたというわけ。

CFOへの第一関門、無事に通過と
顔には出さず心で小躍りしました。

今回、K部さんが気づいた
●●の書類、もちろん必要なので
私は第二フェーズのタスクとして
用意していました。

IPO準備の世界ではありがちですが
やらなきゃいけないリストを
いきなりどさーッと出し

「ぐへ。こんなにあるの・・・」と
当事者の心を折っちゃう。

そのうえで悪い輩は
「でしょ。だからうちに任せなさい。」
と誘導し、法外な報酬をゲットする。

そのうえ、寸法ちがい
いわばその会社にあわない
書類をあるべき論で押し付ける。

なんて残念な事例が散見される。。。

とまあ私のボヤキはさておきw

この、自分で必要性に気づくこと。
なにもIPO準備にかぎった話じゃない。

指示されたから嫌々
仕方なくやっていることなんて
しょせんは長続きしないですし
仏作って魂入れずになるだけ。

人を育てる立場にある者
リーダたるものがやるべきことは

やるべきことを指示するだけでなく

やるべきことを
「あ、やったほうが良いかも」と
当事者に気づかせること。

まわりくどい!歩みが遅くなる!
なんて思われるかもしれませんが
あとで振り返ると結果、その方が早い。

わずか2ヶ月で
本人は自覚がないようですが
飛躍的に成長をはじめた
K部さんをみて思ったのでした。

↓ビジネスに役立つ気づきを毎日配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください↓
https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク