北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

減ることもなく、相続税もかからない(もちろん合法的に)財産とは、金言。

2023.09.10 (日)

 

NHKスペシャル「混迷の世紀」。

この番組を見るたびに
混迷する世界情勢は
まるで羅針盤のない航海を
しているような思いを抱きます。

でも、弱い人間(私)は
先が見えない時代ゆえに
なんからの道しるべを
求めてしまうもの。

そんなことを思い
手に取って読んだのが

来年から一万円札の
顔となる渋沢栄一さんが
生前に語った数多くの金言のなかから

366の金言を精選した

『渋沢栄一 一日一言』↓

渋沢栄一一日一言 (致知一日一言シリーズ 25)

激動の幕末に生を受け
明治維新を経て

日本最初の銀行である
第一国立銀行をはじめ、

約500社の企業の
立ち上げに携わった
日本資本主義の父である著者。

混迷と激動の度合いでいえば
現代と比べてもそん色ない、

いや、それ以上に
凄まじい時代に
生きた著者が残した言葉は

いささかも古びることなく
いまを生きる私たちに
多くの示唆を与えてくれます。

まさに、いまを生きる
私たちの道しるべを
与えてくれる金言だと
読み終えて感じ入りました。

『渋沢栄一 一日一言』↓

渋沢栄一一日一言 (致知一日一言シリーズ 25)

現代仮名遣いに
あらためられているものの
当時の言い回しが
忠実に掲載されているので
表現が少々硬いですがw

私が特に刺さった金言を
3つにしぼって
以下に紹介します。

「新しき時代には
新しき人物を養成して
新しき事物を処理せねばならぬ。」

「広告も必要、
自己表現も必要であるが、
これらは外部的誘導手段に過ぎずして、
内部的実質を充実するこそ、
人気を博する根源である。」

「逆境に処しては、断じて行え。」

366個もあるので
感じ入る言葉は
人それぞれですが

時代によって
変わるべきものは何か、
変わらないものは何かを

読めばみずからで
感じることができると思います。

『渋沢栄一 一日一言』↓

渋沢栄一一日一言 (致知一日一言シリーズ 25)

ぜひ、読んでみてください。

=====================

↓ビジネスに役立つ気づきを無料配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

スポンサードリンク
 «   2024年 5月     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • 2024年5月 (16)
  • 2024年4月 (21)
  • 2024年3月 (31)
  • 2024年2月 (29)
  • 2024年1月 (31)
  • 2023年12月 (31)
  • 2023年11月 (30)
  • 2023年10月 (31)
  • 2023年9月 (30)
  • 2023年8月 (31)
  • 2023年7月 (31)
  • 2023年6月 (30)
  • 2023年5月 (31)
  • 2023年4月 (30)
  • 2023年3月 (31)
  • 2023年2月 (28)
  • 2023年1月 (31)
  • 2022年12月 (31)
  • 2022年11月 (30)
  • 2022年10月 (31)
  • 2022年9月 (30)
  • 2022年8月 (31)
  • 2022年7月 (31)
  • 2022年6月 (30)
  • 2022年5月 (31)
  • 2022年4月 (30)
  • 2022年3月 (31)
  • 2022年2月 (28)
  • 2022年1月 (31)
  • 2021年12月 (31)
  • 2021年11月 (30)
  • 2021年10月 (31)
  • 2021年9月 (30)
  • 2021年8月 (31)
  • 2021年7月 (31)
  • 2021年6月 (30)
  • 2021年5月 (31)
  • 2021年4月 (30)
  • 2021年3月 (31)
  • 2021年2月 (28)
  • 2021年1月 (31)
  • 2020年12月 (31)
  • 2020年11月 (30)
  • 2020年10月 (31)
  • 2020年9月 (30)
  • 2020年8月 (31)
  • 2020年7月 (31)
  • 2020年6月 (30)
  • 2020年5月 (31)
  • 2020年4月 (30)
  • 2020年3月 (31)
  • 2020年2月 (29)
  • 2020年1月 (31)
  • 2019年12月 (31)
  • 2019年11月 (30)
  • 2019年10月 (31)
  • 2019年9月 (30)
  • 2019年8月 (31)
  • 2019年7月 (31)
  • 2019年6月 (30)
  • 2019年5月 (31)
  • 2019年4月 (30)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)