アーカイブ
archive

バックナンバー

【ご縁ゴト】ヒトゴトでない「ミイラ取りがミイラになる」兆候。

2018.10.10 (水)

_________________________

◆ご縁ゴト◆ 
<2018.10.10 Vol.494>

 
ヒトゴトでない「ミイラ取りがミイラになる」兆候。  

テトラフォース・パートナーズL.L.P.
https://goo.gl/6TdQGo

株式会社北海道PVGS
https://goo.gl/pw7Rfa

 
垰本泰隆(たおもと やすたか)

______________________

〜目次〜

■<1> 垰本泰隆の一日。

■<2> ヒトゴトでない「ミイラ取りがミイラになる」兆候。    

■<3> 編集後記&お知らせ
______________________

こんにちは。

垰本泰隆です。

本メールマガジンは

ベンチャーキャピタルで

社会人生活をスタートし、

「株式上場準備の支援」

「中小ベンチャー企業の成長支援」で

20年超歩み続けている筆者が、

皆さまのお蔭で、

気がつけば全国各地で、

頂戴している沢山のご縁に感謝。

そんな垰本が

毎日の出来事や出会いから気づいた

「ご縁」に感謝して思う「コト」

『ご縁ゴト』

をお届けしています。

ご笑覧いただければ幸甚です。

★垰本泰隆 プロフィール
http://tetraforce.jp/member.html

★垰本泰隆 ブログ
http://hokkaidopvgs.jp/category/goengoto/

★Wake Up Hokkaido!
https://goo.gl/RE2RQr
https://bit.ly/2GKNo9y

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【10月9日(火)】

<ダイジェスト>

札幌から午後の飛行機で横浜へ。

曇りで比較的過ごし易かった
 札幌でしたが
  移動先の羽田と横浜は

夏日で身体がビックリな一日でした。

<時々刻々の記>

朝から2時間弱
 デスクワークをしてから札幌を出発。

12時半に新千歳空港に到着し
 結構な混雑ぶりで搭乗を繰り上げできず(泣)
  1時間チョイ、ラウンジでお仕事を。

予定通り14時発の飛行機に搭乗し
 羽田空港に定刻、15時40分に到着。

その後もスムーズな移動で
 16時半過ぎに
  新横浜のホテルにチェックイン。

約束の時間まで再びデスクワークをして
 18時半にホテルのロビーで
  Hさん、Kさんと合流。

会食をしながらも
 HさんからKさんに対する
  端的だけど示唆に富む

話し合いの場に立会人として同席。

22時、話も食事も
 無事に終わって至近のお店で二次会(爆)。

24時、寝落ちを何とか回避して(汗)
 二次会も終了して、
  Hさんと共にホテルへ戻り

速攻爆睡沈没でした(笑)。

________________________

■<2>ヒトゴトでない「ミイラ取りがミイラになる」兆候。
________________________

20年以上前からのご縁で
 公私ともに
  多大にお世話になっているHさん。

今、とあるクライアント先で
 コーワークをさせて頂いております。

クライアントの意向に基づき
 Hさんの指導の元、
  それを具現化する為に
 
クライアント先に派遣されている
 Kさんの最近の同行で
  チョイと気になることが起きて

御大のHさんがKさんに
 示唆をするための立ち合いを私が
  させて頂いたのでした。

示唆の内容は実に端的で本質的。

一言で言ってしまえば
 「原理原則」を思い出して
   自分の役目を取り戻せ的な話。

つまり、派遣されてるKさんに
 「ミイラ取りがミイラになる」兆候が
   随所で見受けられ始めたので

それを引き戻しましょうというコト。

プロフェッショナルとしてはモチロン
 誰しもが気をつけねばならない話です。

そして、これは初期のうちに
 目を摘んでおかないと、下手すると

「ストックホルム症候群」状況になる。

何をそんなに大袈裟なと
 お叱りや失笑を買いそうですが
  人間、だれしも弱いモノ。

自分の立場や権益はもとより
 周囲の視線や空気といったものに
  自分が思う以上に影響されるモノ。

私が見る限りHさんには
 その心配は皆無ですが
  Hさんご自身は己への戒めも含め

私を立会人にされたのだと
 勝手に解釈しております。

自己点検や自省だけでは
 やもすると気づくことなく
  気付いた時には時すでに遅しな

「ミイラ取りがミイラになる」のを
  防ぐためにも

私自身、自己点検のみならず
 今まで以上に
  外の冷徹な目に我が身を晒し

些細なことでも言っていただく
 「門戸」を開け続けねばなと。

「人の振り見て我が振り直せ」を
  痛烈に痛感したのでありました。

____________________

■<3> 編集後記
____________________

本日も夏日、26度近い外気な
 横浜での午後のひと時です。

朝から会議・面接・打ち合わせと
 ドタバタが続いておりますが

今はクライアント先のビルが
 防災訓練中で私がお留守番(爆)。

余りに静かすぎるのも
 意外に集中力を欠きます(汗)。

【ご意見・ご感想】お待ちしております。
 info@hokkaidopvgs.jp

____________________

■ お知らせ(ご提供サービスなど)
____________________

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<<各種コンサルティングサービス>>

1)IPO(株式上場)準備(関与先の多数が上場実現!)

2)営業支援(4年で売上、11倍の実績)

3)社外CFOサービス(経営者の参謀として、実績多数!)

4)事業承継支援、M&A支援、デューデリジェンス

など、ハンズオン(実践)サポートをご提供します!

【主な業務履歴と実績は、下記をご参照くださいませ!】
 
 https://tetraforce.jp/performance.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

”Wake Up 北海道“より、飲食店経営のオーナー様へ朗報です。

“あなたのお店を必ず繁盛店にする「北海道」をお届けします”

「北海道」をキーワードに、

あなたのお店をプレミアムなお店にランクアップしませんか?

https://goo.gl/guHgAN

お気軽にお問い合わせください!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

〜食・酒・遊・温泉の4つの視点で
      北の大地「北海道」をPR〜

北海道リアル旅
「Wake Up北海道」スタート!
 
 https://goo.gl/RE2RQr
https://bit.ly/2GKNo9y

旅するタオモトが訪問した街に
「太鼓判!」を押してPRします。

「Wake Up北海道」に
 無料で商品を掲載してみませんか?

「Wake Up北海道」のサイトで
商品の販売や広告を希望される方を募集しています。

皆さまのご応募お待ちしております!

 https://goo.gl/b5wFFd

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

“Wake Up北海道”では、サイトで情報発信や

 記事を書いてくださる仲間を募集しています。

 北海道の「眠れるポテンシャル」を

 もっと発信してみませんか!

 https://goo.gl/ouxqPP

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

〜地域振興と復興事業に
当社の両面発電太陽電池が採用されました!〜

太陽光発電で野菜が育つ?!

I o T営農にソーラーシェアリングを活用する新事業

「AgriNova」(アグリの場)を福島で始動。

”目指すのは、再生可能エネルギーの「地産地消」”

ぜひ、下記をご覧ください。

 https://goo.gl/Quvixg

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<<弊社商品 採用先ご紹介>>

クリーンな自然エネルギーを活用した
「地産地消型」の電力生産システム
『マブチ・ハイブリッドポール2』

 http://mabuchi-engineering.com/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

株式会社ゼータリンクスとの業務提携のお知らせ。

 https://goo.gl/wuTYXE

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

★Wake Up Hokkaido!
 https://goo.gl/RE2RQr
https://bit.ly/2GKNo9y

★メールマガジン「ご縁ゴト」バックナンバー
 http://hokkaidopvgs.jp/category/backnumber/

__________________________________

発行元 :テトラフォース・パートナーズL.L.P./(株)北海道PVGS
発行責任者:垰本 泰隆

※まことにお手数ですが配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://x.bmd.jp/bm/p/f/tf.php?id=hokkaidopvgs&task=cancel

(C)Copyright 2017-2018 Tetra-force&Hokkaidopvgs Yasutaka Taomoto 記載事項の著作権は当方に帰属します。無断転載・流用はご遠慮下さい
__________________________________