北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

古くからの友人でもある
フランス人のEさん。

 

Eさんとは今年の6月から
クライアント先で濃密な
お仕事をご一緒してましたが

 

ミッションを無事に果たされ
Eさんは来週、母国に帰国されることに。

 

Eさんは感謝や喜びの想いや感情を
ストレートに表現されるので

 

努めて平静を装っていた
私の鎧が溶かされちゃうんですよ(笑)。

 

最近は変わりつつあるかもしれませんが

 

日本人って、感情を
身体いっぱいで表現するの
どっちかっていうと、苦手ですよね。

 

私も、ぶっちゃけ苦手(汗)。

 

でもね日本人の奥ゆかしさとか
否定しないし、むしろ誇るべき。

 

Eさんも、そんな日本と
日本人が大好きだし
普段のEさんの所作は

 

前段で書いたような
「日本人」そのものです。

 

でもね、ここぞという時は
ホントに真正直で、素直に
  自分の気持ちを言葉で全身で表現する。

 

だからこそ、クライアントの
スタッフの皆さんからも慕われた

 

普段はどちらかというと
大人しくてシャイな
スタッフの皆さんが

 

「感謝」と「信頼」と
「別れの寂しさ」を
全身で表現され(驚)

 

それを正面から
受け止めたEさんが
帰り道に涙ぐむ姿を見て

 

「感謝」と「喜び」は
  言葉で身体でハッキリと
   「表現」する大切さを

 

強く再認識させられました。

国も民族も言葉も超えた友
Eさんに心からの感謝と共に。