北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

最近、チョイと忘れかけてた(汗)
英語でのディスカッション。

 

相変わらずついていくのに必死で(爆)
終わった後の疲労感が何とも(笑)。

 

なので、周囲の方に甘えて?
ディスカッション終了後は

 

ネイティブな皆さんに
復習と誤解防止のために

 

「こういう趣旨でしたよね?」

 

「この理解で間違いないですか?」

 

という確認作業を必ず
行うようにしています。

 

これ、自分の記憶の定着にも
結果として非常に役立つ。

 

ところが今回は
ネイティブの皆さんが一様に
相手の方の英語が判りにくいとのことで

 

(私はそれすら判断できません。恥。)

 

私がいつもの確認作業をしたら

 

「え、凄いね。あの英語、理解したの?」

 

と驚かれる顛末に・・・・・

 

だって、余計なことを
考えてるゆとりがなくて
「必死」なんですもん(笑)。

 

まあ、結果オーライでしたが(安堵)
人間、追い詰められるというか

 

必死になれば、
意外と何とかなるもんです(爆)。

 

別に語学やコミュニケーションに限らず
物事を何が何でも

 

成し遂げなきゃならんこと
誰しも必ずある筈です。

 

気合いや根性で何とかなるヒトは
それでいいかもしれませんが
私にはとても無理(汗)。

 

となれば、

自分で自分を
衆目の目に晒し、仕組みの中で

 

「逃げられない環境」に
意図的にはめ込んでいく

しかない。

 

テクニックを身に着けるより
先ずは

「意図的な環境づくり」

が先かな?なんてことを

 

久々の英語ワールドで
思った次第です。はい。