北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

謙譲も、時と場合による・・・

2018.10.29 (月)

 

とある外国企業に提出する
書面を日英両文で作成したところ

日本語版は「合格」で
英語版は「んー。イマイチ。」な結末。

誤訳とかじゃなくて(笑)
どういうことかというと

日本語の謙譲表現を英語にすると
意図が伝わりません!ということ。

相手のキャラクターや
文化や考え方の違いなど
要因はいろいろありますが

目的が達成できなきゃ意味がない。

日本語も英語も
どちらも目指す目的地は一緒なんだけど

道のりというかアプローチ方法が違う。

日本企業と外国企業を繋ぐための
打ち合わせの際にも

外国企業から

「日本人が間に入ると
相手に配慮しすぎて困ることが多い。」

との意見が。

長年のクセとか習慣とか
そう簡単には抜けないけど

ビジネスにおいては

目的を達成するための「アプローチ」。

お相手の特性や背景を

よーく予習して道を選択しないと

明後日の方向に行きかねない。

配慮が逆効果にならぬよう
常なるアプローチの検証、忘れずに。

ご質問やご相談は
下記までお気軽にどうぞ!
info@tetraforce.jp

↓ビジネスに役立つ気づきを毎日配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク