北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【10月21日(日)】

<ダイジェスト>

終日、札幌市内。

本日も秋晴れが広がり
気持ちの良い一日でしたが

夕方以降は寒く、
暖房に頼った一日でした。

 

 

 

<時々刻々の記>

昼過ぎまで自室で
読書をしたりテレビを見たりと
ノンビリ。

 

13時過ぎに自宅を出発し
修理に出していた時計を受け取り

14時前に札幌事務所へ出社。

14時半に、わざわざ名寄から
Mさんがお越しくださり(大感謝)
1時間ちょっとミーティングを。

 

16時発の列車でお帰りになる
Mさんをお見送りしたのちは
ひたすら溜まったタスク処理を(汗)。

 

21時過ぎ、課業を全て終えて
帰路の途中にあるラーメン屋で

 

遅い晩飯を食べた際に、

とある出来事が(後述)。

 

何とも言えぬ気持ちになり
気分転換?を兼ねてサウナへ(笑)。

ノンビリ風呂に使って
リラックスな日曜日の夜でした。

 

 

 

________________________

■<2>お客さまの為の筈が、裏目に・・・・・
________________________

21日の夜、帰り道に
晩飯を食べに立ち寄った
ラーメン屋でのチョイとした出来事を。

 

不摂生で不規則な
生活(反省)をしている
私が重宝していて

 

過去、幾度も行ったことがあるお店。

 

日曜日の夜、21時過ぎでしたが
そこそこのお客さまが居られていて

 

観光客と思しき
女性のお客さまの集団も。

 

店主(責任者?調理担当)の男性1人と
それなりにお年を召した
ホール担当の女性1名しかおらず

 

ラーメンが出てくるのは遅かったけど
お客さまはイライラ空気もなく
お店の空気感は良かったんです。

 

が、ホールの方がオーダーミスと
配膳ミスを連発してしまい
店内に、店主の怒号が鳴り響きました(驚)。

 

逆にお客さんが恐縮してしまい
「いや、これで全然OKです。」って
気を遣っている始末・・・・・

 

私は厨房に一番近い席に
座っていたこともあり

 

ミスのリカバリー後も続く
店主の猛烈な説教が丸聞こえ(泣)。

 

私が見聞した限りでは
店主の言っていることは、正しい。

 

恐らく、同じミスを
ホールの方は何度も繰り返し
堪忍袋の緒が切れたんでしょう。

 

が、店内の空気はフリーズし
お客さんは慌てて食べて
いそいそと帰ってしまう状況。

 

お客さまの為の「カイゼン」な
 筈なのに、お客さまが逃げていく。

 

間違いは正すべきだし
 大いに怒っていい。それには賛同。

 

が、怒る場所とかタイミングとか
考えずに、爆発しちゃうと、ね。

 

何て偉そうに書いてますが
十数年前にIPO準備で
テンパっていた時の俺も

 

そうだったし(猛省)

 

感情のコントロールが
 効かなくなること
  誰にでも起こりうる。

 

「カイゼン」を思っての
  行動が裏目に出ないよう
   一呼吸を忘れずいたいですね。

____________________