北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【10月13日(土)】

<ダイジェスト>

東京北部と
埼玉南部をウロウロした一日。

終日曇りで夜は雨になった
秋の深まりを感じさせた一日。

 

 

 

<時々刻々の記>

午前中は自宅でお休み。

 

13時半過ぎに母と弟と
車で足立区の自宅を出発し
埼玉県吉川市へ。

14時過ぎ、
現地で末弟一家と合流し
亡き父の墓所に関する打ち合わせを

 

業者さんと1時間ほど。

末弟が資材関係のプロなので
兄の出番はなく(笑)
甥っ子のお世話に奔走(爆)。

 

15時過ぎに終了して
隣接する埼玉県三郷市の
ショッピングモールで買物

そして、子守り(笑)。

16時半過ぎに帰宅して
隙を見て?タスクをこなしながら
子守りを続行。

 

総勢7人でワイワイと
夕食を済ませた後は
ソファでいつの間にやら寝落ちして(汗)

 

気づけば21時半を過ぎて
末弟一家は横浜へ帰還の時間となり、見送り。

 

一気に静かになった家で(寂)
モロモロ雑事などをこなして
一日を終えたのでありました。

 

 

 

 

________________________

■<2>「ご免なさい」の次、考えてますか?
________________________

元々、デザイン関係のセンスがなく
そう言った類に殆ど関心もない私。。。。。

 

なので、その道に造詣のある
末弟に全てを任せていましたが(感謝)
東京にいるなら一緒に来いと言われ(汗)

 

亡き父の墓所建設に関する
打ち合わせについて行くことに。

 

で、そこで非常に気になったのが
最初の契約でも感じて
指摘していたことなんですが

 

通常のビジネスでは(恐らく)
アタリマエと思われる

 

契約やキャッシュの流れが
クリアでないというか、釈然としない。

 

そっち方面のプロを自認し
日々、そういう仕事もしてるので
ついつい「どうして?」と指摘を。

 

ここで想定外の返答が(驚)。

 

「こういうご指摘を受けたのは
初めてなんです。」と。

 

業者の方の名誉のために
明記しておくと

 

態度は至って謙虚で真面目
そして恐縮至極な感じ。

 

が、恐らく、私の指摘を
チャンと理解しないままで

 

「不備があるのでやり直します。」と。

 

どうやってやり直すんだろうか?と
内心、不思議に思ったので

 

「どこが不備で、どのように
直されますか?」と質問したら
今度はフリーズ状態に(爆)。

 

今回のは別に
クレームじゃないんですが

 

私のクライアント先でも
たまに発生している

 

「取りあえず、謝って引き取っちゃう」

 

状況そのものに感じた次第。

 

人間だれしも
怒られたり、文句言われたり
そりゃ、嫌ですよ。私もそう。

 

だからと言って問題の本質というか
相手が何を言っているのかを
  正しく訊かなきゃ

 

後でもっともっと、拗れまっせ。。。

 

謙虚な姿勢で謝ること自体
とってもいいことだけど

 

それを無駄にしないためにも

相手が何を指摘しているのか

 

チャント「訊」かなきゃ

意味ないし、未来はないよ。

 

未来ある若き担当者を見て
中年オジサンがお節介をやいた
そんなヒトコマで感じたことでした。

____________________