北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【10月12日(金)】

<ダイジェスト>

横浜から

西新宿

神保町を経て

2週間ぶりの東京自宅へ。

 

終日曇り、昼間でも吹く風に
冷涼さを感じた一日でした。

 

 

 

<時々刻々の記>

9時から1時間半ほど
お客さまとスカイプ会議。

終えてクライアントを訪問し

午前中はデスクワーク。

 

14時からは90分間、中途入社の
社員さま向けの研修講師、最終回。

 

15時半過ぎに横浜北部を出発し
西新宿まで移動して歯科医院へ。

治療を終えた後は
2週間ぶりに東京事務所へ。

ビジネスパートナーであるS社の
O社長、N取締役と
久しぶりに打ち合わせしてから

 

残務を終えて20時半に帰宅。

 

ノンアルで食事を終えた直後
居間のソファで寝落ちでした(爆)。

 

 

 

________________________

■<2>「良い空気」が結局すべてを左右する。
________________________

クライアント先で実施した
中途入社された方向けの

 

社内研修のプログラム作成と
90分間×3コマの研修講師を
させて頂いたプロジェクトも

 

12日金曜日で無事に終了。

 

今回、入社された方は
弊社のパートナーである
人材紹介会社さんからの斡旋と

 

正に、チーム一丸となっての
一気通貫でのサポート業務でした。
 

ヒトさまに「教える」というお仕事。

 

責任もプレッシャーも
普段以上に感じたプロジェクトでした。

 

一方、やり遂げた時の
喜びも普段以上に強いものに。

 

対象外の社員の方々も
自ら積極的に参加してくださり
活発に質疑応答下さったことに

 

どれだけ、助けられたことか(大感謝)。

 

元々、学校の授業のようなものではなく
インタラクティブで
「考えて」「対話」することを

 

主眼としたプログラム構成では
あったモノの、1対1だとね
互いに構えちゃったかも・・・

 

周囲の方が意欲的で活発だと
やっぱりこう、

場の空気がアッタマリ、良い伝播。

 

そして本来の研修対象者も
生きた事例と共に学べて
他の社員さんとの

 

距離もグッと縮まって
結果、一石二鳥の効果。

 

自己完結に拘泥せずに
 うまく周囲を巻き込んで

 

シナジー効果が発揮できるよう
これからも意識を向け続けようと
そんなことを振り返ったのでした。

____________________