北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【10月9日(火)】

<ダイジェスト>

札幌から午後の飛行機で横浜へ。

曇りで比較的過ごし易かった札幌でしたが

移動先の羽田と

横浜は

夏日で身体がビックリな一日でした。

 

 

 

<時々刻々の記>

朝から2時間弱
デスクワークをしてから札幌を出発。

12時半に新千歳空港に到着し

結構な混雑ぶりで搭乗を繰り上げできず(泣)
1時間チョイ、ラウンジでお仕事を。

予定通り14時発の飛行機に搭乗し

羽田空港に定刻、15時40分に到着。

その後もスムーズな移動で

16時半過ぎに
新横浜のホテルにチェックイン。

約束の時間まで再びデスクワークをして
18時半にホテルのロビーで
Hさん、Kさんと合流。

 

会食をしながらも

HさんからKさんに対する
端的だけど示唆に富む

 

話し合いの場に立会人として同席。

 

22時、話も食事も
無事に終わって至近のお店で二次会(爆)。

 

24時、寝落ちを何とか回避して(汗)
二次会も終了して、
Hさんと共にホテルへ戻り

 

速攻爆睡沈没でした(笑)。

 

 

 

________________________

■<2>「ミイラ取りがミイラになる」リスクは皆にある。
________________________

20年以上前からのご縁で
公私ともに
多大にお世話になっているHさん。

 

今、とあるクライアント先で
コーワークをさせて頂いております。

 

クライアントの意向に基づき
Hさんの指導の元、
それを具現化する為に
クライアント先に派遣されている
Kさんの最近の同行で
チョイと気になることが起きて

 

御大のHさんがKさんに
示唆をするための立ち合いを私が
させて頂いたのでした。

 

示唆の内容は実に端的で本質的。

 

一言で言ってしまえば
「原理原則」を思い出して
   自分の役目を取り戻せ的な話。

 

つまり、派遣されてるKさんに
「ミイラ取りがミイラになる」兆候
随所で見受けられ始めたので

 

それを引き戻しましょうというコト。

 

プロフェッショナルとしてはモチロン
誰しもが気をつけねばならない話です。

 

そして、これは初期のうちに
 芽を摘んでおかないと、下手すると

 

「ストックホルム症候群」状況になる。

 

何をそんなに大袈裟なと
お叱りや失笑を買いそうですが
人間、だれしも弱いモノ。

 

自分の立場や権益はもとより
周囲の視線や空気といったものに
自分が思う以上に影響されるモノ。

 

私が見る限りHさんには
その心配は皆無ですが
Hさんご自身は己への戒めも含め

 

私を立会人にされたのだと
勝手に解釈しております。

 

自己点検や自省だけでは
やもすると気づくことなく
気付いた時には時すでに遅しな

 

「ミイラ取りがミイラになる」

のを防ぐためにも

 

私自身、自己点検のみならず
今まで以上に

外の冷徹な目に我が身を晒し

 

些細なことでも言っていただく
 「門戸」を開け続けねばなと。

 

「人の振り見て我が振り直せ」
痛烈に痛感したのでありました。

____________________