北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【9月20日(木)】

<ダイジェスト>

終日、横浜市内。

天気予報通りに
曇りのち雨となり
半袖ではチト、肌寒しでした・・・

 

 

 

<時々刻々の記>

朝一からは本日締め切りの(汗)
新たにご契約予定の(感謝)
お客さまへのご提案書の作成。

 

終えてクライアントのオフィスへ。

着いたとたんに
電話が一気呵成にかかってきて(爆)
相談事項の対応や予定の調整で

 

時間が過ぎていく。。。。。

 

15時頃より落ち着きを取り戻し
クライアント先の重要書類を作成。

 

外部パートナーとのやり取りが
時間内に完了せずに(泣)
20時からはホテルに場所を変えて

 

夜半に対応完了!

 

遅い晩飯をサクッと食べて
後は力尽きるまで読書な夜。

________________________

■<2>場の空気、日々「攪拌」しましょ。
________________________

CEO(最高経営責任者)
(平たく言えば、社長。)を

 

トータルバックアップ
させて頂いているS社さま。

 

コーワークがスタートして
4か月が経過しました。

 

最初、訪れた時は
まあ、何というか

 

良く言えば「オフィスが静か」。

 

チョイとあれな表現をすれば
「活気がない」感じでございました。

 

当然、そうなるには
それなりの理由や背景がある訳で

 

その改善がミッションの一つでも
あるのですが、

 

そろそろ、その部分に関しては
「卒業」のタイミングが来たなと。

 

これ、素直に非常にうれしい。

 

仕事の負荷が減るとか
そういう意味じゃなくて(笑)

 

コーワークしていて
こちらも非常に気分が良くて
困難な思索に富む仕事も捗る。

 

定性的な話なので
臨場感が伝わりにくいかも
しれませんが(汗)。

 

極端な例を挙げれば
隣のヒトともメールで
コミュニケーションしてたのが

 

ワイガヤと話したり

 

何か相談事が起きたら
関係者数人が
オフィスの真ん中で

 

ササッと集まって話したりとか。

 

こうして文字につづれば
「え、そんな程度の話」みたいな(笑)。

 

無理して作り笑顔をしたりとか
無理して無駄話とか
する必要は全くないですが

 

この「アタリマエ」的な
コミュニケーション、そして

 

「場の空気」を
 「澱ませない」ための「日々の攪拌」。

 

矛盾した言葉遣いになりますが
「自然体」かつ「意識」して
   日々、実践していきたいですね。

____________________