北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【9月17日(月)】

<ダイジェスト>

東京から夜の新幹線で仙台へ。

東京は久々の夏日で暑く

18時前後から凄まじい豪雨に。

 

三連休の最終日は
東京駅も仙台駅も
多くの人で混雑してました。

 

 

 

<時々刻々の記>

午前中は自宅にて休養。

 

昼過ぎ、岩手在住の
母方の親族が亡くなったとの
連絡を受け、急ぎ諸事手配を。

 

在宅中で良かった、、、

 

14時に自宅を出発して
15時から4時間ほど事務所でお仕事。

18時前後からの豪雨が
19時前後には小降りになり(感謝)
東京駅へ移動して

19時40分発の
はやぶさ111号で一路仙台へ。

連休の最終日ゆえか
東京駅も新幹線も結構な混雑(凄)。

21時過ぎに仙台駅に到着し

駅構内で食事を済ませて

至近のホテルにチェックイン。

明日の準備や残務をこなして
仙台ナイトの初日は、オトナシク(爆)。

 

 

 

________________________

■<2>落ち着きを取り戻したら、先を見て見直す。
________________________

いつの頃からか、9月は
「シルバーウィーク」なんて
呼ばれるようになりましたね。

 

2週連続で三連休な
最初の3連休の最終日。

 

21時過ぎに到着した仙台は
結構な数の人々が往来してました。

 

今を遡ること7年半前の
2011年の3月。

 

言わずと知れた「東日本大震災」。

 

仙台中心部だけを見れば
もはやその影を
伺い知ることもできませんが

 

過去6年強、仕事で定期的に
仙台はもとより、東北各地を
巡業させて頂く機会を頂戴し

 

マダマダ道半ば、考えさせられる
「厳しい現実」が随所にあります。

 

でもね、それに毅然と立ち向かい
災い転じて何とやらで

 

「分散」と「循環」の
  新たな流れを作るために

 

地域の皆さんが外部のチカラも
 うまく取り込んで頑張っている。

 

 

私なんぞは末席の末席で
お手伝いさせて頂いている
だけでございますが(汗)。

 

今回の大きな地震で
 「地震」や「震災」が
   ヒトゴトではなくなった北海道。

 

東日本大震災で
 大きな被害を受けた東北三県に
  学び取り入れるコト。

 

多くあるのではと
勝手ながら思っている次第。

 

企業経営の世界で
良く教訓として語られる

 

「調子が良いときこそ、今を見直す。」

 

私もその罠に陥りがちですが(反省)
調子が良いときは、それを維持し
守っている方が遥かに楽だし

 

人間得てして、尻に火がつかないと
動かないもんです。ハイ。(自省)。

 

が、よくよく考えりゃ
追い詰められてテンパった時に
  正常な判断は出来ないし

 

新たな手立てを講じる
 ゆとりも資源もない訳で、、、

日常を取り戻したら
 「やれやれ、良かった。」で

 

終わらせることなく
 「次」を見据えて
   手立てを講じましょうね。

____________________