北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【8月31日(金)】

<ダイジェスト>

横浜から

夜、東京へ移動。

 

関東地方はトコロにより
激しい雷雨に見舞われましたが
移動中は幸いにも遭遇せずでした。

 

 

 

<時々刻々の記>

月末、かつ週末だからでは
ないとは思いますが
朝からナカナカのドタバタ感(爆)。

水曜日の夜アタリから始まった
鼻のグズグズ感がアップしたので(泣)
皆さんへの迷惑を回避すべく

 

暑いけど、マスク着用・・・・・

 

午前中は電話打ち合わせの連続と
事務タスク対応であっという間に過ぎ

 

午後も相談事や打ち合わせが
連続しつつも、何とか本日分の
やるべきことに目途をつけて

18時半に横浜北部の
クライアント先を出発し

渋滞で2時間ほどかかって(泣)

12日ぶりに東京自宅へ帰還。

 

体調回復を目指して
自宅でオトナシク過ごした夜。

 

 

 

________________________

■<2>進むときは「一点突破」。でもその前に。
________________________

31日も数多くの打ち合わせや
ご相談対応などをさせて頂く中で

 

クライアントさんからすれば
「何故、その結論に」的な話が

 

仲介役というか、代理人である
私にもたらされました。

 

私もヒトリの人間だし
クライアントへの感情移入もあるし、
残念だなとは思いますが

 

スパッと冷静にアタマを切り替えて
次なる対応に乗りだすことにしました。

 

何故なら「目的地」へ向かう
一つの「道すじ」が
通行不能になったのであって

 

目的地(目指すべきもの)へ至る
「道すじ」は他に複数あるから。

 

そりゃまあ、有り余る予算(資金)と
リソース(人員)があれば

 

物量作戦で全ての「道すじ」を
同時並行で進むのもアリかもしれませんが
殆どの中小事業者では、ムリです。

 

でも、投入するリソースは一点集中でも
事前に「道すじ」の数だけ
確認しておかないと

 

進んだ道すじが、通行不能になったら
感情が先行して、右往左往して
目的地への迂回どころか

 

既存を含めた全てが崩壊しちゃう
リスクが格段に高まる訳です。

 

ブレない「目的地」を、しっかり見定めたら

 

事前に

「目的地」に至るまでの「道すじ」を

全て洗い出した上で

 

リソースは「一点集中」で。

 

思い通りにならないことがあっても
冷静に次の手を打つ、秘訣の一つです。

____________________