北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

「目立つ」と「多い」の違いを感じて。

2018.08.30 (木)

 

夏休みシーズンもいよいよ最終盤。

到着した羽田空港。
大きな荷物を持ったお客さんで
23時前後だというのに大混雑!

去る26日から29日まで取材で訪れた
北海道の上川(かみかわ)地域も

日曜日の夜だからとか

さすがに平日だからといった

私の先入観とは裏腹に
多くのお客さんがいらっしゃいました。

私が言うまでもなく
ここ数年のインバウンド客の増加と定着。

これは確かに多いなを感じる
一つの要因であることは間違いない。

が、目立つという意味では
ちょいと違う面を感じた次第。

色んな意味で日本人の方が
目立っているかもな、と。

過日、取材した際に聞いた話で
とても考えさせられたのが
日本人のマナーについて。

一見、誰のものでもなさそうな草原が

実は私有地で畜産や酪農のための
牧草地だったりする。

なので、踏み荒らされちゃうと
生産者にとっては、大損害。

悪気なく、知らずして入っちゃった
そんな場面で

外国人に注意すると
謝り素直に出ていくことが多いんだそうで。

ところが日本人に注意すると
立ち入り禁止って書いてないから
俺は悪くないとか

持ち主でもないお前に注意される筋合いはないと
逆切れされることが多いんだそう。

日本人には
世界中から称賛される
他者を思いやり助けあう

行動やマナーの精神があるはずなのに
混雑で手荷物が出てこないイライラを

周囲にぶつけて
荷物が出てきた人の進路を
仁王立ちで邪魔する

日本人の姿に羽田空港で遭遇し

過日の取材で刺さった
言葉を思い返したのでした。

スポンサードリンク