北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【8月19日(日)】

<ダイジェスト>

東京都内をチョロチョロしてから

深夜に新横浜へ移動し、宿泊。

 

今日も過ごし易かった
カラッとした夏の一日でした。

 

 

 

<時々刻々の記>

昼過ぎまで自宅でノンビリ。

13時前に出発して

向かったのは品川。

14時から70分間
ストレッチ整体で
身体のメンテナンス。

身体がスッキリした後は(感謝)
買物やら諸々の雑用を済ませて
東京事務所へ。

休日出勤中のE社の皆さんに
ご挨拶して私もデスクワーク。

 

20時半過ぎに一旦帰宅して
食事してから

 

9日間、実家で諸事を
サポートしてくれた次弟を
居宅まで送迎し(感謝)

スカイツリーをパチリとやって(笑)

深夜に新横浜のホテルにチェックイン。

 

とまあ、こんな一日でした。

 

 

 

________________________

■<2>「売上Up!」は「余白」から。
________________________

昼間に自宅で
何気なく見ていたテレビで

 

「POP」のプロが出演する番組が
放映されていました。

 

その中で印象的だった
キーワードが3つありました。

 

「余白」を多めにすること。

 

「キャッチコピー」を全面に出すこと。

 

「¥マーク」は使わない。

 

この3つを実践するだけで
同じ商品なのに売り上げが
5倍近い差がつくことも

 

あるんだそうで(凄)。

 

いやあ、感心したというか
一部、実に耳が痛かったです(反省)。

 

一部とは「余白」のこと。

 

良く言えば勿体無い精神
悪く言えば欲張りで

 

「ここがチャンス」と言わんばかりに

 

何でもかんでも

1枚のPOPやフライヤーに

盛り込みすぎて「焦点ボケる」と・・・・・

 

お客さまのお役に立てる
ポイントが沢山あるのは
決して悪いことじゃないけど

 

僅かな時間で、1回こっきりで
全部を訴えるのは、無理からぬ面が。

 

厳しく言えば、

自分の全てを伝えたいというのは

自分の「エゴ」でもある訳で。

 

自分と自社への強い自戒を込めた上で

沢山ある伝えたいことを

敢えて一点に絞る訓練と実践

を。

 

お客さまに届く「キャッチコピー」を

浮き上がらせるための「余白」を

大事にしたいですね。

____________________