北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【8月15日(水)】

<ダイジェスト>

昼間は相変わらず暑いけど
夕方から暑さが和らいだ感の横浜。

終戦記念日の一日は
一際、周囲が静かで落ち着いてました。

 

 

 

<時々刻々の記>

朝、昨日に続きドイツ人のFさん
フランス人のEさん、日本人のKさんと
新横浜駅で合流して仕事場へ。

マチもオフィスも
一層静けさを増した感じ。

なので?という訳ではないですが
じっくり落ち着いて終日
デスクワークと打ち合わせを。

 

周囲の飲食店も休みなので(泣)
Eさんのご配慮で(感謝)

ランチはデリバリーのお弁当を
皆で一緒に食べて

普段ナカナカ話が出来ない
皆さんともコミュニケーションを。

 

18時過ぎ、本日の課業を終えて
新横浜駅までFさんとEさんを送迎し

明日、中国のオフィスに戻られる
Fさんと固い握手と

 

私は「See you Again!」

 

Fさんは
「Please come to the Chinese office by all means!」

 

と言葉を交わしてお別れを。

 

その後は夜が更けるにつれて
サッカー観戦のお客さんが増えた
新横浜のマチナカで

Kさんと盃を交わしたのでした。

 

焼酎ボトル1本、呑みすぎ(爆)。

 

 

 

________________________

■<2>「お盆」がくれた「時空の共有」。
________________________

6月以来、2か月ぶりに
お会いしたドイツ人のFさんとの
二日間のビジネスタイムが終了しました。

 

日本はお盆休みの期間でしたが
彼はオンタイムフル稼働で
それにしてもスキマ時間を惜しんで

 

良く働く方だと、感心することしきり。

 

前回、会った際には
挨拶になってない挨拶と
ちょろっと食事した程度なので

 

正直なところ
人柄も含めて五里霧中でしたが

 

二日間、ミッチリご一緒して
色んなことを共有して
距離がグッと縮まって

 

英語がからっしきな私でも
自然にアドリブなランゲージが(笑)。

 

やっぱり

「時空を共有する」に、勝るものなし

だなと、
改めて思った次第。

 

スタッフの皆さんとも
ビジネス上の会話はするけれど
互いにバタバタで

 

それ以外のコミュニケーションが
思うようにできてませんでしたが

 

「お盆休み」のお蔭?で
期せずしてランチをご一緒して
他愛のない会話を交わすと

 

それだけで次のシーンから
コミュニケーションがスムーズになる。

 

今の世相では
「呑みにケーション」なんぞは

 

もはや「死語」で
下手すりゃ「パワハラ」に
なっちまいそうですが(汗)

 

分を弁え、適度な距離を保ちつつも

 

一定量の時空を、フレンドリーに共有すると

 

 

結果として

 

ビジネスもスムーズに加速する

 

 

ことを

 

 

静かな「お盆休み」のひと時が
教えてくれた気がします。

____________________