北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【8月14日(火)】

<ダイジェスト>

横浜から東京は丸の内
そして虎ノ門、品川と巡り
再び(新)横浜へ帰還の一日。

相変わらず暑いけど
都心部はいつもとは異なる
ゆったり空気な一日でした。

<時々刻々の記>

朝、約20日ぶりの再会となる
EさんとKさんと合流して
クライアントのオフィスへ。

いつもと異なり
建物全体は閑散としているも

クライアントは休みが交代制なので

ほぼ、半分くらいの皆さんが出社。

 

昨日より来日されていた
普段は中国上海にいる
ドイツ人のFさんと合流して

10時より来客の対応をして
12時過ぎに皆さんと出発し
目指すは東京駅至近の丸の内。

人目を引く大柄なドイツ人と
比較的小柄なフランス人と
私という珍妙な組み合わせは

夏休みで
駅やビルを行き交う子供達の
好奇心をそそるようで(笑)

アチコチで愛想を振りまくと(爆)。

 

愛想を振りまきつつも(汗)
ダッシュでお昼を食べて

14時からは顧問弁護士のオフィスで
都合6人でビジネスミーティング。

 

15時過ぎに終えて
次に向かうは虎ノ門の
ホテルオークラ至近のビル。

12年前まで近くで働いていた時の
面影があったりなかったりな
マチに想いを馳せながら?

クライアントのオフィスへ。

 

今度、登場したのはスペイン人(汗)。

 

一層珍妙さ?を増した
4人で英語での打ち合わせとなり
アタマから湯気が噴出状態で(爆)

17時過ぎに終了。

 

今度は品川に場所を変えて

ビジネスパートナーのKさんも合流し
4人で会食しながら打ち合わせ。

 

20時半過ぎに会食を終えて
品川滞在のFさん、Eさんとは
ここでお別れして

Kさんと一緒に新幹線で
10分強のショートトリップで
新横浜のホテルに帰還したのでした!

________________________

■<2>「大人」が失ったモノを教えてくれた「子供たち」。
________________________

14日の火曜日は
ドイツ人のFさんと
フランス人のEさんと

日本人でドメスティックな
私という組み合わせで
横浜と都内各所をグルグルと

ビジネスミーティングツアーを敢行。

日本語・英語・フランス語が堪能な
Eさんと

ドイツ語・英語・中国語が堪能な
Fさんと

日本語しかできない私(汗)。

特にFさんは身長が
2メートル弱あるビッグな方で

お盆休み・夏休みで
普段とはマチ行く人の客層が
だいぶ異なる

新幹線や街なかで
好奇の目で見られて(笑)
子供には大人気状態(爆)。

アテンダーでもある私は
時計とスケジュールが
アタマでグルグル状態で

まあ、心のゆとりがない(反省)。

日本通のEさんはさておき(汗)
日本に不慣れで日本語も出来ない
Fさんの立場に立てば

それだけでストレスだろうに
笑顔で子供たちの相手をして

移動中も食事中も
周囲への細やかな
配慮をさり気なくするんですよ。

私なんか、6月に初めて会った時は
図体のデカさに圧倒されて
しかも言葉が通じないという

二重の壁?に阻まれて
ぶっちゃけ、避けてました・・・・・

でも、先入観がなくて
好奇心溢れる子供たちには
関係ないというか

本能的に判るのかな。

「そのヒト」の
本質的な「人柄」が。

己のモノの見方や
考え方や価値観が
凝り固まっていると、ホント猛省。

そして「損」するなと。

会食の際にFさんが

「皆さんとコミュニケーションを
深めたいので、私は日本語を
これから勉強します。」の言葉に

返す言葉のなかった私、、、、、

先入観と予断を持たず
媚びることなく、恐れることなく

「ヒト」として向き合うが
人種を超えたイロハの「イ」だと

歴史の恩讐を超えて
手を携えているFさんとEさんと
過ごした一日で心に刻まれました。

____________________