北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【8月13日(月)】

<ダイジェスト>

東京から

夜半に横浜へ移動。

 

残暑が厳しく昼過ぎまで
晴れてましたが

14時前後から
凄まじいゲリラ豪雨に遭遇(驚)。

 

雨上がりは言うまでもなく
蒸し暑さが戻った迎え盆の一日。

 

 

 

<時々刻々の記>

午前中は自宅でノンビリして
正午過ぎに母と車で自宅を出発。

月イチ恒例の西新宿へ
母の通院に同行。

普段の半分、約30分で到着(早)。

 

母を病院玄関で降ろした後は
いつものカフェへ。

カフェも空いてて
いつもの気忙しさがなく
ゆったり気分でお仕事。

14時前に、ふと外を見ると
空模様が段々怪しくなって
ゲリラ豪雨が到来(驚)。

 

その後は母の治療を待って
15時過ぎに西新宿を後にして
買物しながら16時過ぎに帰宅。

 

18時までは自宅で仕事して
家族と一緒に初の迎え盆をして
食事後は、寝落ち(爆)。

 

22時過ぎ、足を怪我している
末弟のリカバリーを兼ねて
末弟家族の居宅まで

車で荷物を運搬後
新横浜のホテルにチェックイン。

 

普段とは異なる、東京と横浜の
マチの空気を感じた一日となりました。

 

________________________

■<2>「お盆」の「空気感」を起爆剤に。
________________________

昨年10月より
亡き父より引き継いだ
西新宿への通院介助。

 

毎月1回、同じ曜日に
同じ時間帯に赴くので
そのパターンにも慣れましたが

今回はお盆休みの
最中ということもあり
大分、勝手が異なりました。

 

道路も、マチも、カフェも
とっても空いていて、快適。

 

何よりも感じたことは
 「空気感」の違いでした。

 

あくまで個人の感想ですが
いつもの

 

「ギスギス」や

 

「ピリピリ」や

 

「イライラ」な空気感は

 

全く流れておらず

 

「穏やかで」

 

「心地よく」

 

「微笑ましい」光景にも出会ったり。

 

ハードや物理的なものは
 全く一緒なのにね。

 

ハードや物理的な利便性は
 大事なファクターの一つです。

 

が、どんなにそれらが立派でも
お客さまが満足しているとは
限りませんよね。

 

一見、混雑で賑わっていても
 実のところは

「やむを得ず」

「仕方なく」来ているだけかも。

 

普段より高い費用と
時間をかけても皆さん方が
東京を脱出する現実。

 

その理由は千差万別で
言いだしたら
きりがありませんが

「盆暮れ正月」だからの一言で
片づけるのではなく

一度「何故?」を
 突き詰めて考えてみませんか?

 

過疎で苦しむ
 地方の未来を切り拓く
  道に繋がる可能性ありです。

____________________