北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

お盆の空気感を起爆剤に。

2018.08.13 (月)

 

亡き父より引き継いだ母の通院介助。

毎月1回、同じ曜日に
同じ時間帯にいくので慣れましたが

今回はお盆休みの最中。
だいぶ勝手が異なりました。

道路も、マチも、カフェも
とっても空いていて、快適。

何よりも感じたことは空気感の違い。

いつものギスギスやピリピリや

イライラな空気感はなく

穏やかで心地よく微笑ましい光景も。

ハードや物理的なものは全く一緒なのに。

ハードや物理的な利便性は大事なファクター。

が、どんなにそれらが立派でも
お客さまが満足しているとは限りません。

賑わっていても実のところは

やむを得ず、仕方なく来ているだけかも。

普段より高い費用と
時間をかけても皆さんが東京を脱出する現実。

その理由は千差万別でしょうが

盆暮れ正月だからの一言で
片づけるのではなく

なぜだろう?を突き詰めて考えてみませんか?

過疎で苦しむ地方の未来を切り拓く
道に繋がる可能性がありますよ。

スポンサードリンク