北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

迂回ルートが、実は一番の早道。

2018.08.12 (日)

 

この時期は帰省ラッシュ。
私は実家(自宅)が東京。
仕事で札幌と東京を行ったり来たりしており

今回の移動も帰省ではなく普通w。

ただ、普段と違う客層と空気感のなか
降り立った羽田空港でいつもとの違いを感じたのが

乗り継ぎ案内でした。

到着出口のホワイトボードに
書かれていた乗り継ぎ案内の多いこと。

係の人数も普段にも増して多く
乗り継ぎの行先も

九州や四国方面が
多く記載されてましたが
一番驚いたのが秋田への乗り継ぎ。

新千歳空港から秋田空港までは
一日数本ですが

所要時間1時間程度の直行便があり
私も幾度か利用したことがあります。

秋田への乗り継ぎ利用の方は
おそらく直行便が取れなかったのでしょうが

いったん秋田を通り過ぎて
東京まで来てから再び秋田へ北上する。

おお、お金かかってるだろうなと余計な妄想(爆)。

でも、飛行機だと
新千歳空港から秋田空港までの

所要時間は乗り継ぎを含めて3時間ほど。

ところがJRで行くと
2回の乗り換えで
札幌駅から秋田駅まで約8時間。

なにを選ぼうが個人の自由ですが

ひとつはっきりしていることは
物理的には遠回りだけど
時間距離は短いという事実。

だから、地方同士が
もっと便利に行き来できる
インフラを早急に整備だ!は

政治家や行政に任せします。

我々、民間で自助努力で生きる
ビジネスパーソンは

ビジネスにおける
プライオリティはなにか?を
まずは冷静に順位づけして

許容できるコストの範囲なら
急がば回れもあり。

ああ埋まっちゃったと
短兵急にあきらめず迂回路を探してみてね。

スポンサードリンク