その他
etc

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【8月1日(火)】

<ダイジェスト>

横浜と

東京は丸の内を往復の一日。

暑さが徐々にぶり返し
移動で出たり入ったりが続き
頭がポーッとした一日でした(爆)。

 

 

 

<時々刻々の記>

午前中は横浜の
お客さまオフィスで仕事。

12時半過ぎ、
クライアントのSさんと一緒に
東京駅前の丸ビルを目指して出発。

14時より1時間半ほど
顧問弁護士のオフィスで打ち合わせ。

終えて来た道を
Sさんと一緒に新幹線で戻り

新横浜駅でお別れ。

 

駅前で月末特有?な
ATMでの記帳したりと

雑用をこなして
再びクライアントのオフィスへ。

1時間ちょっとデスクワークして
弊社のOさん、BPのKさんと
帰途について宿泊先へ。

宿泊先のホテルでスタンバイして
20時より1時間半ほど
国内外を結んでのスカイプ会議。

 

21時半、全ての課業を終えて
待ちぼうけしていたKさんと
遅い晩飯を食べて、一日終了!!

 

 

 

________________________

■<2>「過去」から「未来」へギアチェンジ。
________________________

程度の差こそあれ
企業活動に欠かせない法務業務。

 

 

弊社グループにも
弁護士は在籍していますが

私は弁護士じゃないので(汗)
ま、一言で言えば

法律の専門家である弁護士から見て
企業側(クライアント)の
カウンターパートの役割です。
 

仕事がら、この手の対応は
恒常的に発生しますが

超ザックリ、大きく分けると
「過去」を処理する仕事と
「未来」に対峙する仕事があります。

 

どっちも大事なんだけど
個人的にはやっぱり
「未来」に対峙する仕事がいい(爆)。

 

「過去」の処理は
目的も効果測定もクリアだけど

それを達成した後の「次」の
モチベーション形成が難しい、、、、、

 

なので、過去にばかり
目やパワーが向いてしまうと
エライことになっちゃうので

「過去」と「未来」の仕事の
バランスのとり方とか

関与してくださる方々の
意識やパワーを

徐々に未来ワークにシフトする
タイミングを見極めませんとね。

 

難しいけど、
この「ギアチェンジ」を
  適切なタイミングでやらないと

大事なエンジンが
 オーバーヒートしちゃうかもです。

 

「燃え尽き症候群」に陥らぬよう
  目配りすることも、

俯瞰すべき立場にある者にとって
 大切なお仕事ですね。

____________________