北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

以前も折に触れブログやメルマガに書いていますが、

善し悪しは別にして再生可能エネルギービジネス

「環境激変」しています。

少なくとも日本においては
「大量生産」「大量販売」のビジネスは終焉したかなと。

別な言い方をすれば、
「ハード(商品)」はそれなりに普及したので、

「ソフト(サービス)」のフェーズなのかなと。

軸足の置き方は、環境に応じて
柔軟に変える必要があります。

でも「ソフト(サービス)」をちゃんと提供するには、

「ハード(商品)」にも対応できないとダメ。

それに対応する為にはソフトとハードの「境目」

に自社をポジショニングする。

どの分野のビジネスでも、意識する必要ありかなと。