その他
etc

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【7月11日(水)】

<ダイジェスト>

終日、横浜市内。

若干雲が多めでしたが
本日も蒸し暑い横浜でした。

<時々刻々の記>

朝、クライアントと
ビジネスパートナーと合流して
昨日同様、クライアントのオフィスへ。

午前中は
E社長と幹部候補生の皆さんと
組織戦略に関するミーティング。

 

会議の最後に
私からチョイとシビアなというか
ポリティカルなお話を。

 

その後は野暮用で
1時間ほど外出したりしつつも
数時間集中してデスクワーク。

夕方、財務戦略に関する
ミーティングを皆さんと行い
残務を片付け、課業を終了。

 

 

パートナーの皆さんと
共に食べた晩御飯は
二日連続で健全なノンアル(驚)。

22時に解散し
部屋で軽く呑んだのでした(爆)。

 

 

 

________________________

■<2>躊躇せず、先ずは理解の為に。
________________________

今日は「理解」と「納得」の
狭間で気持ちが揺れた一日でした。

 

私が解説するまでもないですが
端的に言ってしまえば

「理解」とは
 「正しく」わかること。

 

「納得」とは
 「理解」したうえで
   得心すること。最もだと認めること。

 

「理解」してもらうには
「事実」をお伝えすればよいですが

「納得」してもらうには
「事実」を「理解」してもらった上で

その背景や理由を詳細かつ
相手に分かるよう説明を尽くし
「説得」しなければならない。

 

そして最も気をつけなければ
ならないのが、

組織などでの役職上位者が
部下の皆さんなどに対して

「納得」を得るために「説明」を
しているつもりでも

聞いている側が
「強制」や「命令」と
受け止めることが

往々にしてあることです、、、、、

 

そんなことは気にしない
黙って俺の言うことを聞け!
タイプならば、悩みゼロですが(笑)

そうじゃないタイプの人も
当然いるわけで

これが行き過ぎてしまうと
「事実」を伝えることすらできず

当人ももがき苦しみ
周りに変な誤解を与えちゃう。

 

こんな時は苦しみすぎずに
説得ではなく、事実を伝えるに留める。

 

言いにくければ
第三者に立ちあって貰ったりして
  臆せず力を借りればよい

 

話すは一時の躊躇なれど
 話さずば一生の後悔にならぬよう

早目に、ご相談くださいね!

____________________