その他
etc

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【7月5日(木)】

<ダイジェスト>

終日、札幌市内。

久々の札幌での一日は
夕方まで雨が降り続き
肌寒うございました、、、

 

 

 

<時々刻々の記>

午前中は不在時に
溜まりまくった雑用と
急ぎのデスクワークを。

 

午後からは6月8日以来の
札幌事務所へ出社し

多大にお世話になっている
K社のS会長、K社長から
格別のご高配を頂いた

お礼を申し上げ
近居報告などを済ませて
後はひたすらデスクワーク。

 

諸事、押せ押せになって(汗)
18時過ぎまでかかってしまい

大急ぎで事務所を飛び出して
向かうは「かでる2・7」。

1か月ぶりの
スモールサンゼミ札幌へ。

30分弱遅刻して(反省)
最後列に着座して
2時間強の学びの時間を。

 

ラストはお約束の懇親会にて

水を片手に焼酎のロックで
すっかり出来上がりました(爆)。

 

 

 

________________________

■<2>「渇望」の正体は「天引きインプット」。
________________________

ここ3週間ほど
新たな環境と世界観の中で
お仕事をさせて頂きまして

快いプレッシャーを感じつつも
刺激的な日々を送っていましたが
何というか、一つ物足りないことが。

 

「脳に飢餓感」があって
何かを「渇望」している。

 

己の飢餓感と渇望の中身が
5日の木曜日に参加した
月1回開催される

スモールサンゼミに出席して
クリアになりました。

 

「天引きされる時間」で行う

「インプット」です。

 

インプットや学びは
詰まるところ

当人のやる気次第とか
心がけだ、的に言われることが
多い?かもしれませんが

細切れの時間、或は
休日に有り余る時間、

どちらも

 

「帯に短し襷に長し」なんです。

 

やはり一定の強制力というか
仕組みや決めごとで
自分を律しないと。

 

方法論はイロイロあって

捨てるには惜しいと思えるだけの
お金を払って

「元を取らねば」で
自分を追い込むもよしですし

自分を管理する人がいない
オーナー経営者とかであれば

周囲に「これをやり遂げる」
と宣言しちゃって

もし、そこから逃げたら
自分の立場もプライドも

ズタズタになって
信任を失うでもよしかなと。
 

どんなに日常が
忙しかろうとも

「インプット」ゼロでは

「アウトプット」が枯渇

結局、いい仕事はできない。

 

でも

「インプット」したら

「アウトプット(行動)」が必須。

 

亡き、土光敏夫氏のお言葉

「行動なき思考は無用で有害」。

 

5日の学びで
最も刺さった言葉でした。

____________________