北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

1つ上の階層から、視てみよう。

2018.06.29 (金)

 

クライアントの
E社長(フランス人)とは

ひょんなご縁で7年前に
知りあって以来のお付き合い。

詳細な職務経歴を
今回、初めて知りました。

思いっきり言い訳しますと
詳細なプロフィールは

ずいぶん前に頂戴していたのですが
英語なもんで、読んでませんでした。

直近では、とある事業分野において
世界をまたにかけて活躍する
トップコンサルタントだったEさん。

過去に共通のクライアントがいて
その専門性は理解してたつもりでしたが

こなしてる場数が半端ないし

私がボンヤリ感じていた
目線の違いが、クリアになりました。

今はとある製品に特化した
会社の社長になって
私がお手伝いをしていますが

自社の製品の今と今後を
常に一つ上のレイヤーから俯瞰していて

進むべき方向性を定めている。

この見方が出来ますとね
ライバル製品だけを見て

ライバル製品よりも
より良いものをより安くという発想に陥らない。

自社の製品やサービスの
類似品や競合に

意識を奪われることなく
一つ上のレイヤーから俯瞰して
見つめ直してみませんんか?

意外な突破口が見つかりますよ。

スポンサードリンク