その他
etc

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【6月21日(木)】

<ダイジェスト>

終日、横浜市内。

10時頃に少し
雨がパラツイタものの
曇りで推移した夏至の一日。

 

 

 

<時々刻々の記>

朝から16時まで
クライアント先を訪問。

スケジュール調整から始まり
皆さんからの相談事項対応

ステークホルダーへの
報告書類の作成やらで
時間はいくらあっても足りず、、、

 

17時から1時間ほど
ヨーロッパとの
スカイプを行ってから

大事な雑用を
新横浜駅前で済ませて

新幹線で

東京駅へ。

改札口で合流したのは
数年ぶりの再会となるYさん。

 

変わらぬお人柄とパワーに
勇気と元気を頂きながら

食べて呑んで、楽しい時間は
アッという間に過ぎ去り

最終の新幹線で

横浜に帰還したのでした。

 

 

 

________________________

■<2> 「何によって憶えられたいか?」を問い続ける。
________________________

私が新卒で
大和企業投資に入社して

間もないころから
お付き合いを
させて頂いているYさん。

 

私の7歳年上で
親会社の大和証券に在籍されていて

右も左も分からなかった私を
育て上げてくれた、大恩人です。

 

昔も今も、Yさんのお背中を
追いかけておりますが
マダマダ、遠いです(汗)。

 

今はベンチャー企業で
東奔西走の毎日を過ごされ

お会いするたびに
刺激と学びと反省でございます。

 

人間、歳を重ねて
下手に肩書や立場なんかを
持ってきますとね

諫言も示唆も、だんだん
頂けなくなってきます、、、

 

その意味では今も
憧れの存在である方を持ち
示唆を与えていただけることが

本当に、あり難いです(大感謝)。

 

幾つになっても、立場を持っても
いや、だからこそ

 

「背中を追い続ける」

 

「憧れの存在」

 

を持ち続けたいですね。

 

私が今回、頂戴したお言葉は
かの、ドラッカーの名言

 

「何によって憶えられたいか
  その問いかけが人生を変える」

 

この言葉、
個人への教訓のみならず
中小事業者に普遍な教訓かと。

 

弛まず問いかけ続けて参ります。

____________________