その他
etc

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【6月14日(木)】

<ダイジェスト>

横浜と

東京を往復し

自宅が東京にあるのに
何故か横浜に戻ると(笑)。

移動中、僅かな時間
雨に降られたものの
総じて曇りの
梅雨空な一日でした。

 

 

 

<時々刻々の記>

9時過ぎにクライアントの
S社のオフィスへ。

皆さんより
法務関係のご相談から始まり

お客さまとの折衝に関する
ご相談や、スタッフさんとの
ご面談をこなしつつ

昨日に続き
書面実査のお仕事を。

 

15時、E社長に同席して
メインバンクの支社長ほか
ご担当者さまと初対面を。

 

終えてE社長と
慌ててオフィスを飛び出し
東京駅から丸の内へ。

17時より2時間弱
顧問弁護士の先生方と
初対面&打ち合わせを。

 

終えて一週間ほど
一時帰国される
E社長から後事を託されて

 

「万事お任せください」と
重責をお引き受けして再び、

東京駅から

横浜へ。

新幹線を降りて
そのまま飲食店に向かい

夕飯をパクつきながら
本日のレポートを。

 

明日からの段取りを
モロモロ考えつつ
ホテルに戻って爆睡(笑)。

 

 

 

________________________

■<2>「例え」て、大筋と根幹を正しく伝える。
________________________

プロジェクト3日目の14日は
私の祖業である
「CFOワーク」が本格始動。

 

二日間でほぼ、全体像を
把握させて頂いたので

E社長に同席させて頂き
メインバンクさんや
法律顧問と初対面を。

 

E社長は非常に日本語が堪能で
日本の機微も
かなりのレベルでご存じですが

それでも、日本の法律特有の
言い回しとか、専門用語が
理解しにくい部分があるので

不肖、私が「翻訳」を
といっても、日本語を

別な日本語に置き換えて
ご理解いただける言葉で
お伝えするという訳です。

 

でもよく考えれば
これって特別なことでも
何でもなくて

日本人同士でも
日常的に何気なく
やっているんですよね。

 

要は「例え話」ってやつです。

 

説明する側には悪気がなく
むしろ、チャンと伝えないと

という思いで
専門用語や細かな数値を
並べ立てる場面に

多々、遭遇しましたが(汗)
それはそれで
必要不可欠な場面もあります。

 

が結局のところ
お相手に「正しい大筋」と
  「根幹」が伝わらないと

気付いた時には
 最初は一つだけだった

かけ違いのボタンが
 修復不可能な状態に
  なっちゃうなんてことも、、、

 

適切な「例え」が出来る
 語彙力を養っておくことは

国柄や専門性を超えて
 役立つ場面がありますよ。

____________________