その他
etc

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【6月12日(火)】

<ダイジェスト>

東京から横浜市の北部
緑区と

港北区へ。

曇りのち晴れの予報でしたが
殆ど曇りで、それ程
蒸し暑くはなかったです。

 

 

 

<時々刻々の記>

午前中、2時間ほど
デスクワークをして移動開始。

 

ほぼ順調な道のりで
13時前に初めて訪れる
横浜市緑区の目的地に到着。

今日からお世話になる
S社のE社長のご都合で

アポの時間が
14時からになったので
周囲をブラブラと散策(笑)。

E社長がオフィスに戻られたと
連絡があり、S社へ。

14時より3時間ちょっと
E社長と経理担当のKさんより

会社の概要や現状、課題や展望
目指したい方向性などを
包括的にヒアリング。

 

皆さんと協議の上
向こう1か月間の目標やタスク
明日からの段取りを決めて

S社のオフィスを後にして
金曜までの逗留先となるホテルへ。

 

小一時間ほど雑用をこなしてから
今回のプロジェクトチームメンバーの
Hさん、Kさんと合流して

本日の状況をシェアして打ち合わせ。

 

21時過ぎにS社のE社長が合流され
軽く打合せと
結構な量の酒食を(爆)。

 

23時過ぎに解散し
ホテルに戻って速攻爆睡な
長い一日でした。

 

 

 

________________________

■<2>「ヒトの信念」は全ての壁を超える。
________________________

13日(火)よりスタートした
新規プロジェクト。

 

外資系企業であるS社さまの
新任のE社長より特命を受けて

向こう1か月ほどかけて
現状の会社の状況を詳細に調査し

問題点などを洗いだして
改善策を立案し、実行のご支援までを
させて頂くのが当面のミッション。

 

E社長はヨーロッパの方ですが
日本語が非常に堪能で
ぶっちゃけ、助かります(笑)。

 

事前に予習や調査をして
今日の日に臨んだのですが

会社の成り立ちや
今に至る経緯から始まり

ご自身が認識されている問題点や
どのように改善されたいのかなど
思いや方向性をなどを中心に

お話をお伺いしました。

 

外資系って聞くと何だかドライで

「結果」と「カネ」が全てだ!

 

何て思われるかもしれませんし
私もお話を頂戴した時は
「どうしようか」と悩みました。

 

が、お受けするまでの間に
E社長のお人柄に触れて

お考えを
お聞きしていたこともあって
お受けすることを決めたのですが

実際に訪問して
社員の方にお話を聞いて
会社の空気に触れて

E社長のお考えが腹の底からの
「信念」だと、確信しました。

 

世間一般や私が抱いていた
外資系のイメージとは全く逆で

E社長ご自身が現場を大切され
お客さまと、社員と
  ヒトとして徹底的に向き合い

トコトン、ひざ詰めで話ており
「信頼」されているなと。

 

無論、私にお呼びがかかったのは
相応の課題や問題などがあり
それに対処するためですが

僭越かつ生意気ながら
金銭的条件だけでは
お受けしないこともあり

困難なミッションではありますが
「共感」し「納得」できて
お受けしてよかったなと。

 

ヒトの心を動かす「信念」は
 国柄も文化も風習も超えて
  伝わるもんだなと

 

先入観への反省とともに
強く心に刺さった
プロジェクトの初日となりました。

____________________