その他
etc

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【6月9日(土)】

<ダイジェスト>

札幌から午後の飛行機で東京へ。

札幌の気温は13度弱
到着した東京は30度、、、

 

身体がビックリな一日でした(爆)。

 

 

 

<時々刻々の記>

10時半過ぎに札幌の自宅を出発。

よさこいソーラン祭りの
楽し気な演武の音を横目に

札幌駅から

列車で新千歳空港へ。

途中、乗客の救護活動による停車で
10分ほど遅れて空港に到着。

 

ラウンジで1時間ちょっと
デスクワークをこなして

13時にオンタイムで出発。

14時35分、オンタイムで
羽田空港に到着し
15時発のリムジンバスで池袋へ。

渋滞も殆どなく
15時半過ぎに
池袋駅西口に到着したので

カフェで30分ちょっと
積み残しのワークを済ませて
16時過ぎに母校の立教大学へ。

16時半より一時間半
社会学部同窓会の総会に出席。

後半の自己紹介タイムで
ゼミの先輩が多く
出席されていることが判明し(驚)

我らがゼミ卒業生が
意外にも結構な派閥(笑)。

 

その後は懇親会で
大先輩の徳光和夫さんと
写真にちゃっかり納まり(汗)

ユニークすぎる(失礼)ゼミの
大先輩の校歌応援歌の
熱唱を拝聴して

盛況のうちに懇親会はお開きとなり
その後は当然のごとく二次会へ(笑)。

久方ぶりにカラオケで
大盛り上がりとなって
23時過ぎに終了!

 

列車を乗り継ぎ無事に
午前さまで帰宅しました!

お世話になった皆さま
本当に有難うございました!!

 

 

 

________________________

■<2>「らしさ」に捉われず、柔軟に。
________________________

昨年、新たに設立された
母校の立教大学
社会学部同窓会の

総会に出席してまいりました。

 

今、強く残っている印象は
いやあ、楽しかったなと(笑)。

 

いい年こいたアラフィフの
オッサンでございますが(汗)
久々に昔に戻った感じでした。

 

人間だれしも、ヒトそれぞれ
「戻れる場所」みたいなのが
あると思いますが

私にとっては「母校」が
その一つなんだなと実感。

 

ですが、日常生活で意識することは
殆どないし(スミマセン、、、)

押しつけがましいシガラミも
全くといっていいほどなく

まあ、言ってしまえば
「居心地」がいいんです。

 

そう思う「理由」は何だろうと
そんなことをボンヤリと
考えている時に

同窓会の会長が話をされていた
内容に答えらしきものが。

 

立教の、特に社会学部卒業生の
社会での概ねの評価?は

 

「ガツガツシテいなくて大らか。」

 

「専門性がファジー故に包容力がある。」

 

「人と人を繋ぐ役割を果たすことが多い。」

なんだそうです。

 

私がこれに適合しているのかは
皆さまのご判断に委ねますが(笑)

私なりに解釈すると

 

「こう、あらねばならない。」

 

「絶対にこうすべきだ!」

 

みたいなのがアンマリなく

 

良く言えば「柔軟」なのかなと。

 

 

「●●らしく」とか
「●●らしさ」とかの

スローガンを掲げたりが
組織を纏めるには
楽なのかもしれませんが

「らしさ」が無いのが「らしさ」

柔軟に対処し、生きていく方が
 パラダイムがアッという間に
  変わっていく今の時代に

中小企業が生き残る
 秘訣の一なのかもです。

____________________