その他
etc

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【5月23日(水)】

<ダイジェスト>

朝方まで雨、その後は曇りで
夕方以降、半袖のみでは
チョイと寒かった福岡でした。

 

 

 

<時々刻々の記>

朝から14時前まで、お客さま先で
IPO関係の打ち合わせとコーワーク。

14時過ぎ、博多駅前広間で
開催中のA級グルメ大食覧会へ。

https://fmfukuoka.co.jp/agourmet/

16年来の友人である
岡本毅さんがオーナーの
「鮨と和の食 清吉」さんが

http://www.sushi-seikichi.com/

出展されており
陣中見舞いを兼ねた遅い昼食を。

生憎の天気なれど
楽し気な雰囲気に、つい
長尻(汗)になりそうな

揺れる気持ちを我慢して(爆)
30分ほどで会場を後に(泣)。

移動途中にある
櫛田神社で参拝を済ませて

次の仕事場へ。

19時前に本日の業務を終えて
一旦ホテルに戻って
自分のタスクを済ませて

21時に
友人たちとの待ち合わせ場所へ。

一昨日も盃を交わした
O君夫妻と、福岡在住の
Hさんと、

何故か福岡で
立教大学の同窓会状態(笑)。

長かったけど、楽しい一日が
こうして終わったのでした!

 

 

 

________________________

■<2>「そのヒト」に会いに行く理由は、生き方への共感。
________________________

前段で登場した
「鮨と和の食 清吉」の
オーナーである、岡本毅さん。

http://www.sushi-seikichi.com/

 

偶然の出会いから
早、16年の時が流れました。

 

同世代で、互いに宮仕え
修行時代から、一国一城の主へと。

 

何故か不思議と、人生の転機の時期が
重なっていることもあり
仲良くさせて頂いております。

 

最初に出会ったのは熊本で、今は福岡。

 

失礼ながら決して
立地に恵まれた場所で
お店はされていないんです。

 

私もその一人に
なるのかもしれませんが

場所のハンデを乗り越えて
昔からのお客さんがやって来る。

 

料理やサービス、空気感などなど
良いのはモチロンな訳ですが

でもこれって、
他の常連さんや私の、それぞれの
「主観」な訳でして

万人がそうとは限らないのは当然。

 

加えて、料理がメインの
目的であれば
そりゃ、出店で食べるよりも

お店で食べる方が、
いいに決まってる訳で。

 

では、なぜ行ったか?

 

チョット誤解を生む
やらしい表現かもしれませんが

岡本さんという「ヒト」に
 「会う」ために、お金を払う

 

改めて思いますが
「代替不可能」な
  「究極の差別化」です。

 

でも、そこに浅薄な
「媚」とか「世辞」とか

「安易な値下げ」とか
全くないですから。

 

お付き合いが続く理由を
敢えて言えば、彼の

「生き方」や「考え方」

をカウンター越しに

料理を通じて、垣間見て
 感じたコトに「共感」しているから

 

「料理」という
五感にリアルに働きかける
商売ですら、こうですから

「無形」のサービスを提供する
事業者(私含む)は

「ヒト」で勝負するしか
ないなと、改めて思うのでした。

____________________